アクロス福岡第13回計測自動制御学会 制御部門大会 がアクロス福岡で開かれました。

足立研からは5件の発表を行いました。

  • 馬場厚志,川口貴弘,杉浦文音,足立修一:センサフュージョンを用いた HEV/EV 向け電池の状態推定
  • 馬場厚志,足立修一:対数化UKFを用いた電池の状態とパラメータの同時推定
  • 竹下 侑,小松 真,加藤真治,足立修一:積分特性を有するシステムの同定について
  • 若林優一,小野雅裕,足立修一,垣内大紀,木下 萌,古川洋之:パーティクルフィルタを用いたジェットエンジンのヘルスモニタリング
  • 余 正希,小野雅裕,Brian C.Williams,足立修一:需要不均衡リスクを抑制する分散最適電力配分とプライシング
  • 5人とも数日前に行った発表練習とは見違えるような素晴らしいプレゼンでした。

    また,非常に有益な質疑応答があり,今後の研究の参考になりました。

    川邊実行委員長(九州大学),瀬部副実行委員長(九州工業大学),佐藤副実行委員長(佐賀大学)をはじめとする実行委員のみなさん,大変ご苦労様でした。

    来年は,3月4日から4日間,電気通信大学(東京)で,第1回制御部門マルチシンポジウム(MCS2014)に衣替えして開催される予定です。

    馬場さん企業ポスターセッション馬場さん川口君竹下君若林君余君DSC08547DSC08516

    DSC08518

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。