NHK技研公開2013 (NHK放送技術研究所) 見学について B4 の菅谷が報告いたします.

NHK放送技術研究所では,5/30~6/2の間 「期待,見たい,感じたい 技研公開2013」 と題し最新技術を一般公開しています.そこへ昨日(5/30)足立研の先輩や同期とともに見学へ行ってきました.

P1030172

展示項目は全部で41項目あり,ポスターでの発表だけでなく実際に体験できるのも魅力的であり,まさに「期待」していた最新技術を「見」て「感じ」ることのできる貴重な経験でした.

その中でも特に印象深かったのは「スーパーハイビジョン(以下,SHV)」です.

SHVとは現行ハイビジョンの16倍となる高精細映像(7,680×4,320ドット)であり,22.2ch音声と組み合わせることにより超高臨場感の次世代テレビが開発されています.その撮影,処理,伝送,表示に関する各種研究の成果が展示されていました.

P1030186

またSHVは,スーパーハイビジョンシアターとして技研講堂にて大スクリーンでも体験することができます.そこで見た映像では,実際に自分の目でその場を見るよりも,ものの輪郭をくっきり見ることができました.映像の精細さ,動きの滑らかさ,音の迫力―まるでその場にいるような高臨場感には圧巻です.SHVは2016年に実用化試験放送を予定しています.

その他にも,立体音響やハイブリットキャスト,立体テレビ等に関する展示がありました.特に立体音響は私の研究テーマに深く関係するためとても興味深いものであり,ブースにてバイノーラル方式によるヘッドホンでの立体音響を体験してきました.そのアプリケーションは個々人に合わせた設定ができるため立体音響の再現性が高く,また受聴者の動きにも対応することができる優れ物でした.

P1030178P1030179

上の写真はハイブリッドキャストを体験したときのものです.これはタブレット端末に自分の描いた絵がテレビに反映されるため,まるで番組に参加しているような体験ができます.

NHK技研公開では,さまざまな最新技術が無料で体験でき,その技術について詳しく知ることができます.本ブログで挙げたものはほんの一例なので,ぜひその目で「見」て「感じ」ることをお勧めします.NHK技研公開は6/2まで行われているので,少しでも興味のある方は訪れてみてください.

P1030206P1030192P1030204

詳細は下記URL参照

http://www.nhk.or.jp/strl/open2013/index2.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。