Kings大学院の講義「モデルベースト制御理論」についてのお知らせです。

レポート課題は授業中にお話しした内容で,提出は7月23日(火),24日(水)に矢上学生課総合窓口(8:45~16:45)です。詳しくは,こちらをご覧ください。

本年度は,昨年10月に発行した本 「カルマンフィルタの基礎」(足立・丸田著)を教科書として講義しました。

講義は基本的に板書形式とし,カルマンフィルタに関連する数式を毎回丁寧に(愚直に)追っていきました。ドラマ 「ガリレオ」 の影響で,今年は黒板いっぱいに数式を書こうと決意したのですが,当たり前ですが,湯川准教授のように恰好よく講義をすることはできませんでした。

また,非線形フィルタ(UKF)の途中までしか講義をすることができず,教科書1冊を講義でカバーすることもできませんでした。

いずれも来年度以降への課題です。

コメント

  • 私は現在大学院生(慶応ではありません)で制御の研究をしております.私の研究においてカルマンフィルタを用いる必要性がでてきたので,パソコンで検索したところ,youtubeで慶應義塾大学大学院講義 モデルベースト制御理論 を発見しました.大変わかりやすく.足立先生の著書とともに受講しておりますが,本講義の第3回までしか公表されていませんでした.今後,第4回以降の講義もアップロードするご予定はございますか?

    2013年11月08日 12:15 PM | 安田聡史

    • 安田様, この講義は大学院での講義のため,すべての講義ビデオを公開する予定はありません。  足立

      2013年11月08日 3:40 PM | Shuichi Adachi

  • ご回答ありがとうございました.

    2013年11月08日 6:32 PM | 安田聡史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。