本日修士中間発表会と課題研究発表会がありましたのでM1の高村が報告いたします。

本日修士中間発表会と課題研究発表会がありました。
全員無事発表を終えることができました。

発表内容は,

M2 (修士論文中間発表会D組)

  • 竹下 トナー濃度の制御!
  • 新井 火星飛行機への実装に向けたORB/EKFアルゴリズムによるオンボード位置推定
  • 西田 車をもっと快適に!
  • 余: 確率的モデル予測制御を用いた風力発電出力の平滑化
  • 羽鳥 柔軟アームを同定!

M1 (課題研究発表会)

  • 高村 画像認識を用いた火星飛行機の自律航行アルゴリズムの開発

でした!

放塾の危機は脱しました。。。

SONY DSC

——————————————————————————-
時代の流れとともに,今年度から物理情報システム専修では修論提出半年前に修士論文中間発表会を行うことになりました。われわれのグループDは,相吉研,本多研,足立研,山本研の4研究室より構成され,13名のM2学生が発表しました。足立研学生5名も発表10分,質疑10分を何とか乗り切りました。

また,昨年9月大学院入学の高村君がM1の研究のまとめの発表である課題研究発表会(ポスター発表)に臨み,頑張りました。発表のとき,高村君は正装でした。ネクタイ姿の高村君の写真がないのが残念です

みなさん,大変ご苦労様でした。  【足立記】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。