信号・システム理論の基礎足立著:信号・システム理論の基礎 ~フーリエ解析・ラプラス変換・z変換を系統的に学ぶ~,コロナ社(2014)が発行されます。奥付は2014年10月10日発行ですが,9月17日から販売される予定です。

定価は本体 2,900 円+消費税で 3,132 円です。

慶大理工物理情報工学科2年生秋学期必修科目「物理情報数学C」の教科書です。

昨年度までは「信号とダイナミカルシステム,コロナ社(1999)」を教科書として使っていましたが,この本に例題などを加え,z変換の部分を追加して新しい本として出版しました。

中間試験,期末試験という章も設け,ちょっと新しいタイプの教科書をめざしました。

Youtube の keiochannel にアップロードされている私の講義「物理情報数学C」をご覧の方は,ぜひこの新しい本を教科書としてご利用ください。

ビデオを見ているみなさん,教科書も購入しましょう!

信号・システムの基礎 (1024x647)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。