L1010392 (1024x768)田辺弘子さん(京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士課程3年)に足立研セミナーで講演していただきました。

講演題目は「ヒトの動きの巧みさの科学」でした。

クラシックバレエの動作を,「分析的手法」と「構成論的手法」(間欠的フィードバック制御モデルによるシミュレーション)の二つの手法で解析された研究をお話ししていただきました。

田辺さんは,「美しい動きとは何か?」,「巧みなパフォーマンスとは?」など芸術を科学しようとする研究をされています。

足立研の研究テーマとは関係なさそうに見えますが,「倒立四重振子モデル」や「筋電図」,「ロバスト性」,「PD制御」など,なじみのある専門用語も講演の中には出てきました。

このセミナーには,足立研セミナー常連の大須賀公一教授(大阪大学)も参加してくださいました。

田辺さん,ご講演ありがとうございました!

L1010396 (1024x767)L1010399 (1024x767)L1010400 (768x1024)L1010401 (766x1024)L1010394 (768x1024)

SONY DSC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。