L1030518 (1024x768)丸田一郎助教(京大)に足立研セミナーで講演していただきました。

講演題目は「データの圧縮と低次元化に基づくモデリング」でした。

モデルの近似精度とモデルの複雑さのトレードオフ(バランス)を図ることは,モデリングにおいてもっても重要なポイントです。本セミナーでは,L1ノルムを導入してこのトレードオフを図る理論について説明していただきました。

また,さまざまな実験装置の動画を紹介してくれました。

最後に,これから行う研究である動画の解析について,その基本的な考え方を教えていただきました。

丸田さんは9月から半年間,米国に滞在され,研究を進めていかれる予定です。
実り多い留学となることを楽しみにしています。

L1030510 (1024x1024)L1030512 (1024x768)L1030519 (1024x575)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。