11月10日~12日に福岡県の北九州国際会議場で行われた第59回自動制御連合講演会に参加してきましたので,B4八田羽が報告いたします.

足立研からは下記の4件の発表を行いました.(※いずれも先頭が発表者です)

  • 橋本和宗,足立修一:制約付き線形システムのための自己駆動制御:縮小集合によるアプローチ
  • 浦田賢吾,井上正樹:フィードバック接続により外乱抑制性能が向上するシステムのクラス:性能付き受動定理
  • 松林綾香,井上正樹,足立修一:参照モデルの入出力特性を継承するシステム同定法
  • 八田羽謙一,井上正樹,川口貴弘,馬場厚志,長村謙介,足立修一:ロバストオブザーバによる二次電池の充電率推定
  • 八田羽は初めての学会発表で緊張もありましたが,練習の成果から普段通りの力を出すことができました.
    発表に関して多くの質問もいただけたため,今後の研究に活かしていきたいと思います.

    発表以外にも,懇親会では他研究室の学生と,北九州の美味しい料理を囲んで親睦を深めることができました.また,学会の合間の時間を使って太宰府天満宮を訪れ,今後の研究活動がより良いものになるように,お祈りしてきました.

    %e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b32

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。