55th IEEE Conference on Decision and Control (CDC2016) が米国のラスベガスで12月12~14日に開かれました。

CDC は毎年12月中旬に行われる IEEE Control Systems Society 主催で,制御理論/応用の研究者にとって最高峰の会議です。今回は 2086件の投稿があり,採択率は 59.5% でした。CDC の採択率は例年 60% 前後の狭き門です。足立研の学生には CDC で採択されるような論文を毎年書いてほしいと願っています。

足立研からは博士課程の川口君(D3)と橋本君(D1)が下記の題目で発表し,井上助教とM2の浦田君も参加しました。

  • Takahiro Kawaguchi, Sousaburo Hikono, Ichiro Maruta, and Shuichi Adachi : System identification under Lebesgue sampling and its asymptotic property
  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : Self-triggered model predictive control for continuous-time systems: A multiple discretization approach

川口君は Identification のセッションで発表し,丸田さん(京大)が co-chair でした。

橋本君は Event-triggered and self-triggered estimation and output-feedback control で発表し,足立研セミナーで講演したもらったことがあるミュンヘン工科大学の Prof Sandra Hirche が chair でした。共同研究者の Dr Dimos Dimarogonas (KTH) もセッションに来てくれました。

初日は,物情出身で,現在 UC San Diego のドクターコースに在籍し,制御理論を研究している古賀朱門君と,足立研学生と昼食をともにしました。物情学生,世界中で活躍しています!

今回の CDC は参加者が1600名と,米国本土で開催された CDC では過去最多だったそうです。とにかくたくさんの人がいたという印象でした。

その中で,大変お世話になったケンブリッジ大学の Prof Jan Maciejowski と Porf Malcolm Smith とコーヒーブレイクのときに会うことができました。Jan とは6月の ecc2016 のときに会いましたし,Malcolm とも昨年の大阪 CDC のときに会っていますが,3人そろって会ったのは,2004年のケンブリッジ滞在以来初めてのことでした。Jan は67歳で今年ケンブリッジ大学を定年し,Malcolm と私は同い年で,もうすぐ60歳です。光陰矢の如しですが,相変わらず優しいお二人でした。

初日の夜には,山本 裕 名誉教授(京大)などが中心となって,去る7月2日に逝去されたカルマン教授の追悼特別セッションが開かれ,Malcolm も講演しました。彼はカルマンの最後の10年,お付き合いを続けていたそうで,カルマンが亡くなる1か月前に受け取ったカルマンからの e-mail を披露してくれました。その中には,昨年9月にケンブリッジで開かれたワークショップにカルマンは体調が悪いにもかかわらず,出席したいという思いが強く感じられ,感動的な内容でした。また,私がケンブリッジに滞在するとき,Malcolm が手配してくれる素晴らしい Old Guest Room にカルマン夫妻も宿泊していたことを知り,感慨深いものでした。

今回の Bode Lecture は Prof Richard Murry (CALTECH) で,講演題目は “Future Directions in Control: A Look Backwards and Forwards” でした。写真では見にくいですが,赤いバスの前面に Here comes Bode と書かれています。示唆に富む内容でした。

また,Prof John Doyle のチュートリアル “Teaching Control Theory in High School” も興味を誘われる題目でした。その内容の一部は,倒立振子の制御についてであり,私が物情実験で3年生にお話ししている内容とも近いものでした。

最終日の夜には,シルクドソレイユを観劇することもでき,盛りだくさんの CDC でした。

来年の CDC2017 はオーストラリアのメルボルンで 2017年12月12~15日に開かれます。例年と異なり,真夏の CDC です。

論文投稿締め切りは2017年3月20日,もうすぐです。

l1140763-1024x768l1140765-1024x768l1140815-1024x575l1140816-1024x767

l1140866-1024x710
l1140756-1024x768

l1140780-1024x766
l1140767-1024x769
l1140771-1024x768
l1140792-1024x767

l1140890-1024x575

l1140909-1024x768

l1140917-1024x769l1140923-1024x768

l1140955-1024x768l1140952-1024x768
l1140708-1024x729l1140715-1024x767

l1140966-1024x575

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。