新年,明けましておめでとうございます!

酉(とり)は「取り込む」に繋がると言われ,そこから運気もお客も取り込めることから,酉のつく年は商売繁盛に繋がるそうです。

昨年同様,足立研が今年も活気に満ちた一年になり,足立研学生たちが大活躍することを期待しています。

足立研ブログを読んでくださっているみなさまのご多幸をお祈りいたします。

2017年正月
足立研究室一同

---------------------------

【もう少し具体的なご挨拶】

あけましておめでとうございます。

関東地方は暖かな元日を迎えました。
激動の2016年が終わり,今日のお天気のような穏やかな2017年になってほしいと願っています。

昨年は,SICE論文集のエディタも終わり,ほとんど学会活動を行いませんでしたが,今年は少しだけ学会活動に力を注ぐ予定です。

  • SICE制御部門内に「モデルベースト制御における機械学習とダイナミクスの融合 調査研究会」(略称 DML研究会)を主査として,本日立ち上げ,2年間の予定で活動します。副主査には加嶋先生(京大),幹事には丸田先生(京大)と堀先生(慶大)という布陣で,現時点で45名の方に委員になっていただきました。素晴らしいメンバーに集まっていただきました。
     機械学習に代表されるAIの分野は制御とかなり近い分野でありながら,両者の交流はあまりありません。われわれは,ダイナミクスというキーワードに代表される制御的な観点から,AIにアプローチしたいと考えています。
  • SICEの学会誌「計測と制御」の9月号で「カルマンフィルタを中心とした状態推定の理論から応用まで」という特集号を企画しています。私がゲストエディタで,この分野におけるスター研究者に執筆をお願いしました。学会誌の特集号で済ますのはもったいなく,1冊の本になってもおかしくない内容になる予定です。ご期待ください。

学会活動を行う前に,20名以上いる優秀な足立研学生の研究内容について考えていかなくてはなりません。幸いなことに,井上助教をはじめとして優秀な若手研究者や共同研究者がたくさんいるので,私がボケボケしていても,何とかなるのではないかと思っています。

いずれにしても,例年同様にみなさまのご協力が必要です。どうかよろしくお願いいたします。

2017年1月1日
足立 修一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。