2月8日と9日に行なわれた物理情報専修 修論発表会について,M2 の阿部が報告いたします.

足立研からは,M2学生5人が発表を行ないました.

それぞれの日程と題目は以下の通りです.

[1日目(2月8日)]

・松林綾香 「事前情報を継承するシステム同定法の開発」

・吉田享平 「ターボエンジンの吸気量制御におけるadd-on型設計方策の検討」

・阿部侑真 「事前情報を用いたシステム同定と航空機の飛行特性解析への応用」

・浦田賢吾 「Performance Analysis in Interconnected Passive Systems and Its Application to Expanding Power Systems」

[2日目(2月9日)]

・佐藤 諒 「ヘルスモニタリングのための最適センサ配置とロバストフィルタ設計」

質疑応答では多くの先生から厳しい質問やアドバイスなどを頂きましたが,全員無事に発表を終えることが出来ました.

足立先生をはじめ,井上先生,先輩・後輩の皆さんには,お忙しい中スライドの添削など直前まで多くのアドバイスをいただきました.

また,発表の際は新 B4 を含めた多くの皆さんに来ていただきました.

3年間,本当にありがとうございました.

———————————————
足立研からは初日に4名,二日目に1名,発表しました。5名ともしっかりと発表でき,発表練習のときよりは安心して聞くことができました。全員よい研究をしてくれましたが,浦田賢吾君に物情専修主任賞(優秀修士論文賞,専修から4名選出)が贈られることが決まりました。浦田君,おめでとうございます! 2010年度の高橋知子さんから足立研学生,7年連続受賞です。【足立記】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。