3月25 ~ 31日に行われた春の集中輪講について,B4の荒幡が報告いたします.

25日から始まった洋書輪講では,文章を読むのに精一杯でした.まだまだ勉強不足であると感じました.

最終日には,新B4が,それぞれ10分のプレゼン発表をしました.プレゼン発表に際して,アドバイスをくださった先輩方,ありがとうございました.

発表者と発表内容は以下の通りです.

 荒幡:PID制御系の設計および特性

 川島:最小二乗法を用いたシステム同定

 佐々木:可観測性とオブザーバ

 丹羽:可制御性と状態フィードバック

 吉田:逐次最小二乗法を用いたパラメータ推定

当日発表にお越しくださった先生方,先輩方,ありがとうございました.質問や指摘していただいた点を,今後の参考にさせていただきます.

当面は,用意していただいた導入実験に取り組みます.

# 5名の新B4学生の発表後,足立研学生による投票の結果,荒幡君が最優秀発表賞を受賞しました! 
荒幡君,おめでとうございます!

新4年生にとっては怒涛の一週間だったと思います。
追いだされたはずの旧M2学生も3名参加してくれました! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。