5月12日に行われた導入実験報告会について、B4 の荒幡が報告させていただきます。

4月に足立研に配属されてから約1か月のあいだ,B4は導入実験に取り組みました.この導入実験は,制御の実験装置に触れてモデルベース制御のための理論と実際を学ぶこと,MATLAB/Simulink の使い方に慣れること,TeX を使って報告書をかけるようになることを狙いとして行ったものです.

具体的には,平田光男先生の『Arduino と MATLAB で制御系設計を始めよう!』に準じた共通課題と,各自でテーマを設定する自由課題に取り組み,その内容について報告書を作成しました.

報告者と自由課題の内容は,以下の通りです.

 荒幡:2自由度最適サーボ系による制御系設計

 佐々木:ARX モデルを用いたシステム同定

 丹羽:最適レギュレータと H2 制御器による制御系設計

 吉田:High Power Gearbox の同期制御

導入実験を振り返って,新たに学ぶことが多く非常に密な1か月であったと感じています.制御理論や制御系設計の難しさを感じるとともに,それを報告書として文章にすることも非常に難しいと感じました.この1か月で培ったものを,今後の研究に生かしたいです.

最後に,導入実験を進めるにあたり指導してくださった先輩方,また,当日の報告会にて指導してくださった先生方,先輩方に感謝申し上げます.ありがとうございました.

# 足立研学生の投票により,荒幡君が最優秀賞を,佐々木さんが井上賞を受賞しました。おめでとうございます! (足立記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。