5月23日~25日に京都テルサで行われた第61回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’17)に参加してきましたので,M1の板本が報告いたします.

足立研からはつぎの2件の発表を行いました.

  • 川口貴弘, 長村謙介, 足立修一: 入力に対して斉次な非線形要素をもつシステムの同定法とその電池への応用
  • 板本真輝, 井上正樹, 丸田一郎, 川口貴弘, 足立修一: 不感帯を含むルーリエ系に対する閉ループ同定の検討
  • 板本は初めての学会発表ということで大変緊張しましたが,足立研の皆様に発表練習を見ていただき,助言をいただいたことで無事発表を終えることができました.質疑応答では大変参考になるコメントや質問をいただき,大変有意義なディスカッションを行うことができました.これからの研究に生かしていきたいと思います.

    川口さんは SCI 学生発表賞に選ばれ,これで2年連続の受賞となりました.

    発表以外でも京都のお寺や神社を訪れ,日本の歴史の深さを感じることができました.

        

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。