SICE 制御部門に設置したDML研究会の第2回研究会を京都駅近くのキャンパスプラザ京都で開きました。

まず,大関真之先生(東北大学情報科学研究科)に「機械学習入門 -スパースモデリング vs 深層学習 -」という題目で1時間半講演していただきました。非常に興味深いご講演でした。大関先生,ご講演,ありがとうございました!

つぎに,足立が「機械学習とモデルベース開発」という題目で1時間お話ししました。

会場には90名の方が集まっていただき,この分野への関心の高さが伺えました。

その後,DML研究会の委員会を開き,参加した28名の委員が3つの班に分かれて班会議を行いました。

そして,最後は恒例の懇親会をホテルグランヴィア京都の15階の素晴らしいレストランで開きました。

現地運営をしてくださった加嶋副主査(京大),丸田幹事(京大),堀幹事(慶大),そして,現地で手伝ってくれた京大の学生さん,大変ありがとうございました。

私にとっては,久しぶりにお会いした先生,まったくお会いするとは思わなかった方(しかも2名!)が会場にいらっしゃるなど,印象に残る研究会でした。

なお,次回は9月25日(月)午後に東大本郷キャンパスで開催する予定です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。