金沢で行われた SICE Annual Conference 2017に参加しました。
M2の肥後が報告いたします。

足立研からは井上助教,D3 下城,M2 肥後,Pablo が以下の4件の発表を行いました。

  • M. Inoue, A. Matsubayashi and S. Adachi: System Identification with Partial Inheritance of Exciting Model
  • T. Higo, T. Kawaguchi and S. Adachi: System Identification of Time-delay System via Discrete-time Model with Non-integer Time-delay
  • P. Cervantes and M. Inoue: Performance Evaluation of Graph-Reduction in SLAM through Pose Rejection
  • K. Shimojo, M. Inoue and S. Adachi: Input Selection for Soot Modeling Generated in Gasoline Engine

初めての国際会議における英語での発表だったため非常に緊張しましたが、十分に練習していたため無事に発表を終えることができました。発表後は複数の方から質問やコメントをいただきました。なんとか英語で返答することができましたが、伝えたいことをうまく表現できない場面もあったため、まだまだ勉強する必要があると感じました。

修論の提出まであと半年しかありませんが、いただいたコメントをもとに計画的に研究を進めていきたいと思います。

論文の添削や発表練習に付き合って下さった研究室の皆様、ありがとうございました。

学会の合間には金沢市内を観光しました。
兼六園や金沢21世紀美術館など見応えのある場所が多く、リフレッシュすることができました。夜は刺身やお寿司など、非常に新鮮な海鮮料理を美味しくいただきました。

なお、来年のSICE2018は2018年9月11~14日に奈良で開催予定です。

 

  

  

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。