神奈川大学工学部物質生命化学科の松本太教授のお招きで,新型電池オープンラボ第22回講演会で講演させていただきました。

講演題目は「バッテリマネジメント工学」でした。

会場は電池の専門家ばかりだったと思います。
完全アウェイでしたが,違う分野の方の前で,システム制御工学を用いた電池の話をさせていただけたこと,大変よかったと思います。会場には知っている人はほとんどいませんでしたが,われわれの本「バッテリマネジメント工学」を読んでくださった方は何名書いて,声をかけてくださいました。

制御は分野横断型の学問です。特に,若手・中堅の制御の先生には,他分野の学会に出かけていく「狩猟型」になってほしいと思っています。

約35年ぶりに神奈川大学を訪れました。東横線の白楽から神奈川大学へ行く途中の六角橋商店街には昭和の雰囲気が残っていました,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。