2月7日と8日に行なわれた物理情報専修修論発表会について,M2 の松井が報告いたします.

足立研からは,M2学生5人が発表を行ないました.
それぞれの日程と題目は以下の通りです.

[1日目(2月7日)]

・ 清岡研治:車両隊列走行における有限空間整定制御

・ 肥後利晃:サンプリング周期の非整数倍のむだ時間をもつシステムの同定

・ 松井 健:機械学習モデルに対する近似予測制御とその自動車エンジンEGR制御への応用

・ 森 翔平:データに基づくモデルマッチング制御とその仮想立体音響への応用

[2日目(2月8日)]

・ Pablo Cervantes: Robustification of Image Steganography using Frequency-band Encoding

質疑応答では多くの先生から質問やご意見などを頂きましたが,全員無事に発表を終えることが出来ました.

足立先生をはじめ,井上先生,先輩・後輩の皆さんには,お忙しい中発表練習にお付き合いいただいたことを感謝致します.
また,発表の際は新 B4 も含めた多くの皆さんに来ていただきました.

これから各々が別の道に進むことになりますが,足立研で培った経験を活かしてこれからも頑張っていきたいと思います.
3年間,本当にありがとうございました.

# 足立研M2のみなさん,修論発表会,大変ご苦労様でした! 2月下旬の修論pdfファイル提出まで,修論をよりよいものに仕上げてください。期待しています。
森翔平君が物理情報専修主任賞を受賞することが決まりました。(足立記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。