3月8日~11日に東京都市大学で開催された,第5回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2018)について,M1鈴村が報告いたします.

足立研からは以下3名が口頭発表し,

  • 阿部侑真(D1):衛星通信のリソース割り当てにおけるモデリングと制御に関する検討
  • 清岡研治(M2):車両隊列走行における有限空間整定制御
  • 松井健(M2):機械学習モデルに対する近似予測制御とその自動車エンジン制御への応用
  • 以下1名がポスター発表しました.

  • 鈴村美月(M1):大規模電力系統における外乱伝播の指向性制御
  • また,八田羽謙一(M1)が計測自動制御学会制御部門研究奨励賞を受賞しました.

    ポスター発表では,多くの方々ご質問・ご指摘をいただき,今後の研究にあたり大変有意義な発表となりました.技術交流会では,以前参加した学会で仲良くなった宇都宮大学平田研究室の学生と再会し交流を深めることができたことが,特に印象深かったです.今後も研究に精進してまいります.

    なお,来年のMSCS2019は,2019年3月6日~9日に熊本大学で開催される予定です。




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。