3月23~30日に行われた春の集中輪講について、新B4の原が報告致します。

23日から始まった洋書輪講では、文章の内容についていくのが精一杯でした。その中でも、頼りになる先輩方からわかりやすいアドバイスをいただき、どうにか乗り越えることができました。

最終日には、新B4の10分間のプレゼンが行われました。プレゼンに関してはメンターの先輩方から適切なご指摘をいただき、新B4全員がよいプレゼンを行うことができました。

発表者と発表内容は以下の通りです。

齊藤: 線形カルマンフィルタ
近藤: サーボ系と内部モデル原理
馬渕: 可制御系と状態フィードバック
増本: ARXモデルを用いたシステム同定
原:  PID制御系の設計および特性
小野: 可観測性とオブザーバ

当日発表にお越しいただいた先生方、先輩方、ありがとうございました。ためになる質問やご指摘をいただき大変勉強になりました。

今後とも先輩を模範として、学習に取り組んでいきたいと思います。

# 足立研に配属された6名の新B4学生が発表しました。足立研上級生の審査の結果,原君が最優秀発表賞を受賞しました! (足立記)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。