足立研 OG の井上さんが働いている JAXA 宇宙科学研究所(相模原)を足立研学生3名とともに訪問しました。

最初に研究交流会を行いました。

OG の井上さんが現在研究している月探査,火星探査について非常にわかりやすく説明してくれました。特に,月探査の目的について詳しく知ることができました。

お昼休みに JAXA の食堂で「ロケットカレー」を食べた後,足立が「足立研究室の紹介と,システム同定・カルマンフィルタ・機械学習の関係」という題目で講演しました。学習,最適化,そして制御が連携をとることの重要性について議論しました。

つぎに,小型月探査実証機(SLIM project)について,担当されている研究者の方から詳細な説明がありました。

最後に,SICE 制御部門の誘導制御研究会でもお世話になっている市川 勉 様に「軌道決定」について講演していただきました。この研究交流会には,システムデザイン工学科 高橋研の卒業生の石田君も合流しました。

その後,宇宙科学探査交流棟で見学会を行いました。そこでは,以前研究していた火星飛行機にも対面しました。この交流棟の細かすぎるこだわりについて,井上さんがいろいろ教えてくれたので,非常に楽しく見学できました。

卒業生の職場見学,とても新鮮で,指導教員としては幸せでした。

6月下旬(予定では6月27日)には「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に到着し,宇宙科学研究所はとても忙しくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。