加嶋健司先生(京都大学)に足立研セミナーで講演していただきました。

加嶋さんには,私が主査をしている SICE 制御部門のモデルベースト制御における機械学習とダイナミクスの融合調査研究会(DML研究会)の副主査をお願いしており,大変お世話になっています。

今日のセミナーの講演題目は「制御理論とデータ・シミュレータ・モデル」であり,DML研究会の活動内容にも深くかかわっていました。DML研究会のメンバーも数名参加してくれました。

バリバリの制御理論の著名な研究者である加嶋先生が,制御理論と学習理論の関係をディープに語ってくれました。

「モデル」と「シミュレータ」の違い,学習において制御理論が果たす役割,そして,エンジン制御へのガウシアンプロセスの応用例など,理論から応用まで非常に示唆に満ちたご講演で,私は大満足でした。

加嶋さん,大変ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。