2018年8月3日に行なわれた修士論文中間発表会について,修士2年の平野が報告します.

足立研からは以下の4名が発表しました.

  • 板本:不安定プラントに対する閉ループ同定の検討
  • 竹内:ベイズ推定を用いた分散システムのネットワーク同定
  • 八田羽:感度解析による可到達解析を用いたロバストモデル予測制御
  • 平野:原子時計の故障判別問題に対するL1ノルム最適化問題の解析
  • 今回の発表会で挙がった課題を参考に,卒業に向けてより一層研究に励みたいと思います.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。