計測自動制御学会(SICE)制御部門の「機械学習と調和する制御理論 調査研究会」(第2期 DML 研究会)(主査 加嶋健司先生,副査 丸田一郎先生,ともに京都大学)が2019年1月1日に設置され,その HP が更新されました。

HP をぜひご覧ください。もちろんこの HP の製作者は丸田一郎先生(京都大学,足立研メンバー)です。

この調査研究会(私は勝手に「DML2 研究会」と呼んでいます)は,私が主査を務めた「モデルベースト制御における機械学習とダイナミクスの融合 調査研究会」(2017~18)(略称 DML 研究会)の後継で,加嶋先生を主査に迎えることにより,理論的にさらにパワーアップした活動が期待されます。

DML2 研究会のメンバーは42名おり,DML2 研究会が扱う研究分野は,相変わらず SICE の中でも興味をもたれています。

3月上旬に熊本大学で開かれる SICE 制御部門第6回マルチシンポジウム(MSCS2019)の中でも「機械学習と調和する制御理論」(1), (2) というオーガナイズドセッションを,3月8日(金)の午前と午後に組んでいます。MSCS2019 に参加される方はぜひ参加してください。この OS 会場(G室)でお会いできることを楽しみにしています。

ついでに,当日,15:40~16:30に熊本大学百周年記念館で「学理と実理を結ぶ実学(さいやんす)をめざして」と題した特別講演を足立が行います。ご興味のある方は熊本の会場でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。