6月19,20日に鹿島セントラルホテル(茨城県)で開かれた第161回制御技術部会大会に参加しました。

この大会は関係者以外は非公開ですが,今回の大会には110名を超える参加者がありました。

懇親会では,美味しいメロンを堪能しました。茨城県はメロン生産日本一で,ちょうどいまはメロンが旬だそうです。

私は大学諮問委員という立場で,鉄鋼各社などの発表をお聞きしてその講評をすることが役目でした。今年からこの大学諮問委員に就任したので,今回が初めての制御技術部会大会でした。久しぶりに鉄鋼に関連するご講演をたくさん聞き,懐かしかったです。

つぎの2件の特別講演がありました。

  • 原 辰次(東大/東工大名誉教授):システム制御が拓く「わ」:Society 5.0 に向けて
  • 高橋 卓(NICT 鹿島宇宙技術センター長):NICT鹿島宇宙技術センターと衛星通信
  • 足立研では,現在,社会人ドクターの阿部君(NICT 宇宙通信研究室)を中心に衛星通信の共同研究を NICT と行っているので,2件目の NICT の高橋先生のご発表はタイムリーで,非常によくわかりました。

    この制御技術部会大会は,昭和30年(1955年)に第1回が開かれ,今回161回を数える歴史ある大会です。次回の第162回は11月に金沢で開かれます。

    秋の金沢,楽しみです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。