6月22日に開催された慶應女子高・湘南藤沢高等部見学会プログラムについてB4大山が報告いたします.

今回の見学会では,塾内高校生たちに制御工学を体感してもらいました.
抽象性の高い制御工学のイメージを直感的につかめるように,さまざまな実用例を用いてデモンストレーションを紹介しました.
今回用いた,黒線を追従する駆動車や可動関節を持ったロボットアームなどは制御工学の実用性を示す良例です.
本日の見学会が制御工学のイメージをつかむ一助となってもらえれば幸いに思います.

   

 

   

 

            

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。