昨年は台風のため中止になった足立研夏合宿を,昨年の開催予定地であった伊豆のラフォーレ修善寺で開きました。

足立研の学生数が減少し,現在 M1 学生が0名という非常事態に陥っていることもあり,従来は二泊三日で行っていた夏合宿を一泊二日に短縮しました。初日の午前中は大雨と強風のため,新幹線が一時運休するなど,一瞬暗雲が立ち込めましたが,その後,天候が回復し,二日目は良いお天気になりました。蒸し暑い東京と比べて爽やかな風が吹く気候でした。

今回も豪華なゲストにお越しいただき,以下の4件の特別講演を行いました。

  • 杉江 俊治 先生(大阪大学):周波数領域におけるノンパラメトリックモデリング
  • 丸田 一郎 准教授(京都大学):安定化出力誤差法による閉ループシステム同定
  • 川口 貴弘 博士(東京工業大学):データに基づく未知環境のモデルを用いたレトロフィット制御と電力システムの分散制御への応用
  • 足立 修一 教授(慶應義塾大学):モデルベース開発と AI とシステム同定

今回はシステム同定に関連した講演が多かったため,私自身,非常に勉強になりました。関西から参加してくださった杉江先生,丸田先生(足立研メンバー),そして,足立研OBの川口君,大変ありがとうございました!

また,M2学生4名とB4学生3名が研究発表を行い,先生方からたくさん質問していただきました。

研究発表だけでなくレクリエーションも充実しており,温泉,宴会,カラオケ,卓球・バトミントンなど,盛りだくさんの密度の濃い一泊二日の合宿でした。

幹事を務めてくれた佐々木さん(M2)をはじめとする参加してくれた足立研学生のみなさん,大変ご苦労様でした。
足立研夏合宿という伝統行事を継続することができ,しかも素晴らしい夏合宿になり,大変ありがたく思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。