8th IFAC Symposium on Mechatronic Systems and 11th Symposium on Nonlinear Control Systems がオーストリアのウィーンで開催されました。

足立研からは,下記の論文を丹羽君(M2)が発表しました。

  • Keishi Niwa, Kenichi Hattaha, Masayuki Sato, and Shuichi Adachi: State Feedback Synthesis for Discrete-Time Linear Systems with Stochastic Parameters Guaranteeing Deterministic H_2 Performance and Stochastic Stability

夏から秋への季節の変わり目でしたが,特に前半はお天気に恵まれ,美しいウィーンの街を堪能しました。

来年7月には,ドイツのベルリンで 21st IFAC World Congress (IFAC 2020) が開かれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。