9/17(火)に行われたプレゼンテーション技法の発表会について,B4の出頭が報告いたします.

プレゼンテーション技法は学部4年生の必修科目で,足立研究室からは石川,大山,蟹江,出頭の4人が出席しました.研究室外で行われた初めての発表だったのでとても緊張しましたが,足立先生や先輩方からいただい多くのアドバイスのおかげで,全員無事発表を終えることができました.

それぞれの発表題目は以下の通りです。

  • 石川敦也:飛行試験データを用いた航空機の質量推定
  • 大山隆景:逐次最小二乗法を用いた自動車用リチウムイオン二次電池のシステム同定
  • 蟹江将哲:ガウス過程回帰を用いた自動車エンジンのシリンダ内空気量推定
  • 出頭智基:月極域永久影内探査のためのローバの経路計画法
  • 自分の研究を専門外の人に理解してもらえるように説明することの難しさ,大切さを知る大変いい機会になりました.この経験を活かし,今後も研究を頑張っていきたいと思います.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


     *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。