広島大学工学研究科の山本透先生にお呼びいただき,広島大学を訪問しました。

午前中にシステム制御論研究室の学生(約30名)を相手にカルマンフィルタの基礎について講義しました。広島大学の学生たちがまじめに受講してくれたことが印象的です。一コマの講義だったので,カルマンフィルタに入る前のイントロで終わってしまいました。

午後には,システム制御論研究室主催の第2回CSE(Control Systems Engineering)セミナーで,「制御とAIの近くて遠い関係」という題目で講演させていただきました。第1回CSEセミナーの講師は北森俊行先生(東大名誉教授)だったそうで,その2回目の講師に指名していただけたことは光栄なことでした。

講演題目は「制御とAIの近くて遠い関係」でした。いろいろなところでお話しているいつもの内容でしたが,気持ちよくお話しさせていただきました。

CSE セミナーの集合写真では画角が足りずに全員写っていませんが,この講演会には約90名の方が集まったそうです。そのうち40名が企業の方であり,山本先生の共同研究の幅広さには驚きました。もちろん,学生が50名も集まったことも素晴らしいことです。しかし,システム制御論研究室は山本教授を中心に5名の教員スタッフが在籍し,学生数は約40名だそうで,研究室の規模の大きさを考えると学生の参加者数の多さは納得できます。足立研とは比較にならない規模感に圧倒されました。

広島大学内に設置されているコベルコ建機夢源力共創研究所も見学させていただき,パワーショベルのシミュレータを操作させていただきました。

山本先生をはじめとするシステム制御論研究室のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

コメント

  • 大変印象に残る講義でした。

    2020年01月17日 7:57 PM | 大松 繁

  • 大松先生,久しぶりにお会いできてよかったです。私の講演をお聞きいただき,ありがとうございました! 足立

    2020年01月18日 12:02 AM | Shuichi Adachi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。