計測自動制御学会(SICE)の事務局が,数年前に本郷から淡路町に移転して初めて訪れました。

私が35歳のとき,SICE(サイスと発音します)から出版した「ユーザのためのシステム同定理論」(1993)が,会議室に陳列されていて,感動しました。この本は絶版になっていて,おそらく手に入れることは不可能でしょう。私の手元にも数冊しか残っていません。

学会だからこそ出版していただけたマニアックな本でしたが,その後,「システム同定」は制御の世界で知られるようになりました。最初に書いたこの本が,いまでも私の一番のお気に入りです。

この本は,運よく SICE 創立30周年記念著述賞1等を受賞しました。
2001年の SICE 創立40周年のときには,会誌編集副委員長として,SICE40周年記念学会誌の編集にかかわりました。
2011年の SICE 創立50周年のときには,学会創立50周年記念誌の「制御」の部分の編集と執筆を担当しました。

そして,来年の2021年は SICE 創立60周年です。
SICE も還暦です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。