3月2日~5日に徳島大学で開催予定だった SICE 制御部門マルチシンポジウム(MSCS2020)が,新型コロナウィルスのために中止されました。

仕方のないことですが,MACS2020 実行委員長の池田先生(徳島大)をはじめとする実行委員の皆さんは,本当に残念に思われていることと思います。また,学会を中止にしたことによる残務処理も大変だと思います。

制御関係の学会が中止になったのは,2009年5月のシステム制御情報学会@神戸以来です。このときは新型インフルエンザの影響で中止されました。

2011年3月11日の東日本大震災のとき私は制御部門長で,その数日後に沖縄で開催されるSICE制御部門大会(MSCS の前身です)の開催準備を進めていました。関東に住む人間としては,制御部門大会の中止をすぐに考えたのですが,開催地が沖縄であることと,制御の研究者の多くは関西地方在住なので,東日本大震災の影響をほとんど受けなかったので,開催に踏み切りました。結局,私を含めて関東からは参加できない人が多数出ましたが,制御部門大会は無事に開催できました。

私自身,今回,徳島に出張できないことが非常に残念です。

昨年11月に宇宙科学連合講演会で徳島を訪れた時の写真を載せます。また,池田先生と徳島でお会いできることを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。