4月7日から5月6日まで慶大矢上キャンパスは閉鎖されています。それに伴い,足立研の研究活動では WebEx(web ミーティングシステム)を活用しています。

いまの若い先生から見たら笑われてしまいそうですが,足立研ではいまだに寺子屋みたいな洋書輪講をしています。英文を大きな声で音読して,翻訳して,MATLAB でプログラムを走らせて,考察する,という流れです。

今年は B4 学生 5 名と M1 学生 4 名と私の計10名で周波数領域のシステム同定の洋書を読んでいます。輪講は対面形式でしか成立しないと思っていましたが,WebEx でもできますし,私の想像以上に快適です。おそらく私が一番この web 輪講を楽しんでいます。

この web 洋書輪講が成功している最大の理由は,参加している学生全員が良い学生で,熱心であるということです。私はそのことに感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。