みなさんご存じのように,今学期(春学期第一学期)は通常の対面での授業を行うことが困難になりました。

そのため,物理情報工学科3年生必修科目「制御工学同演習」について,つぎのような形式で受講していただきます。

1.Youtube 慶應チャンネルに「制御工学同演習」の全12回分の講義ビデオがアップロードされています。それを各自,視聴して勉強してください。7年前の私が講義しています。この授業ビデオについては,こちらをご覧ください。

2.この授業の教科書はつぎの本です。

  足立:制御工学の基礎,東京電機大学出版局(2016)

この本を購入して,本の演習問題(Control Quiz),中間試験,期末試験を各自,解いて勉強してください。なお,この本は矢上生協から通信販売で購入することができます。詳しくはこちらをご覧ください。生協のHPには4月20日以降販売しますと書かれていますので,もうしばらくお待ちください。矢上生協では,制御工学の基礎(初版第3刷,2020年2月20日発行)の最新版(かなりミスプリがなくなりました)を取り扱っているので,ぜひ生協で購入してください。

まずは,この2点を制御工学の受講生のみなさんに連絡しておきます。なお,授業で行う演習などについては,今後,足立研 HP, keio.jp の授業支援ページなどで連絡します。

何か心配なことや質問があったら,氏名と学籍番号を明記の上 e-mail で私に相談してください。今後,WebEx を使った質疑応答も予定しています。

————————————————————-
さて,17世紀なかごろ,ペストがヨーロッパ全体を襲ったとき,ニュートンが通っていたケンブリッジ大学も1年半休校になりました。その間,ニュートンは故郷に戻り,万有引力の法則をはじめとするさまざまな発見をします。

  この期間は「ニュートンの創造的休暇」と呼ばれています。

いまみなさんはたいへん不自由な生活を強いられていると思いますが,学生のみなさんにとって「創造的休暇」になるように,自宅や下宿でしっかりと勉強してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。