慶大では,約1ヵ月遅れて2020年度の春学期の授業が始まりました。

といっても,春学期はすべてリモート授業です。

物理情報工学科3年生必修科目の「制御工学同演習」は第1学期に開講されます。今日がその第1回目の授業で,週に2回,今年は12回講義が予定されています。

1990年に大学で制御工学をはじめて講義して,ちょうど30年経ちますが,リモート授業は初めての経験です。東日本大震災のときにも4月中旬から普通に授業をしていました。

しかし,100名を超える受講生が,しっかりと授業に参加してくれているようで頼もしい限りです。受講生のみなさん,この調子でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。