足立研博士課程3年の金井関利君(NTTに在籍)の博士論文公聴会が開かれました。

通常のセミナールームでの公聴会ではなく,WebEx を使った初めての公聴会でした。週末にセミナーで使った Teams には慣れていないため,いまひとつ使いにくかったですが,WebEx は使い慣れているので快適でした。

審査の先生方,金井君の共同研究者,足立研で学位を取得したOB,足立研学生,他研究室の博士課程学生など20名が参加しました。聴衆の中には北海道大学や群馬大学からの参加者もいて,これは Webを使った良い面でした。

金井君はこれまでの研究成果を40分にまとめて発表してくれました。落ち着いた,よい発表でした。

残念だった点は,公聴会の後に金井君を囲んだ集合写真を撮影することができなかったことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。