9月16日に行なわれたプレゼンテーション技法の卒論中間発表会について,B4を代表して高野が報告させていただきます.

今回,足立研B4学生5名が,それぞれの卒論研究について他研究室の方々に発表しました.
今年はコロナ禍の影響によりオンラインでの発表となりましたが,全員が無事に発表を終えることができました.
発表者と題目は以下の通りです.

青山 千仁:板幅制御のための熱間圧延プロセスのモデリング
石垣 郁弥:自動車用エンジンの吸気システムのモデリング
高野 靖也:非線形システム同定のための深層モデル構造の検討
津川 幹尚:カーネル法を用いた頭部インパルス応答の推定
土野 匠:ビジュアルオドメトリとスカイラインマッチングのセンサフュージョンによる月極域探査ローバの位置推定

専門外の方々に向けて発表することを通して,私たちはプレゼンテーションの技法を学ぶだけではなく,自分の研究を深く理解することができました.今回の発表で得られた経験を今後の研究に活かしたいと思います.

今回の発表にあたり,足立先生をはじめ,ご指導していただいた先生方と先輩方に心からお礼申し上げます.ありがとうございました.

# 足立研B4の高野君がベストプレゼンターの一人に選ばれました。おめでとうございます! (足立記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。