足立研では,月に1回の頻度で,足立研学生に研究発表をしてもらっており,これを「足立研中間発表会」と呼んでいます。

足立研の中間発表会ではパワポを使わず,文章化された資料を作成してもらっています。古くさい研究室だと思われているかもしれませんが,私と同じような考えをもった企業(amazon)があることを知り,うれしくなりました。この企業では資料を印刷して会議のときに配布するというのもよいですね。

「誰でも」,「いつでも」,「正しくわかる」資料を作成することは非常に重要です。このように,足立研では,研究だけではなく,理系文書の書き方も非常に重要だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。