今年度の全国大会「第61回全日本学生グライダー競技大会」が中止され,その代わりに関東の有志大学航空部による交流戦が行われました。 


参加校は,慶應,法政,青山,東大の4校でした。
4日間にわたる大会の結果,慶大航空部は団体,個人ともに優勝しました。
2020年度,最初で最後の大会でした。

【団体】
優勝  慶應YS 3053点
準優勝 慶應Discus 2877点
第3位  法政HT 1605点
【個人】
優勝  山路優輝(慶應Discus) 1999点
準優勝 田邊悠介(慶應YS) 1440点
第3位 松山瑞季(法政HT) 916点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。