お天気にも恵まれ,日吉記念館で学位授与式が開かれました。

学部卒業式のときには教員も会場に入ることができませんでしたが,今回は参加することができたので,初めて新しい日吉記念館に入りました。

これまでですと,日吉記念館で塾全体の学位授与式を行い,そのつぎは,日吉の校舎で理工学研究科の各専攻に分かれて博士の学位授与式,さらに,各専修に分かれて修士の学位授与式を行うという3部構成の学位授与式でした。いま私は基礎理工学専攻の専攻長をしています。本来であれば,2番目の基礎理工学専攻の学位授与式で学位記を学生に渡して,式辞を述べる立場なのですが,今年は専攻での授与式は行いませんでした。ちょっと残念でした。一方,物理情報専修では修士の学位授与を対面で行うことができ,一人一人が学位記を受け取ることができて,大変良かったと思います。

今年度は足立研にM2学生がいなかったので,大学院を修了する学生はいませんでした。B4のとき足立研に所属していた学生たち(増元さん,馬渕君,原君)が,前日にわざわざ挨拶に来てくれ,Nicolai Bergmann の素敵なお花をいただきました。また,井上研の齋藤さんとも日吉記念館前で記念写真を撮ることができ,よい思い出になりました。

卒業生たちの今後の大活躍を期待いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。