久しぶりに妻沼滑空場を訪れました。

2020年度はコロナ禍の影響などでほとんどの大会がキャンセルされました。私も熊谷市の利根川河川敷にある妻沼滑空場を訪れることはありませんでした。2021年度に入っても厳しい状況が続いていますが,慶大航空部では細心の注意を払ってコロナ対策をしており,航空部活動を続けています。

この日は30名近くの部員と,高校生が8名参加しており,吉田最高顧問や栗山監督のもとで,きびきびと活動している姿が印象的でした。

昨年度は私は航空部員と直接会う機会がほとんどなかったので,下級生部員は私が誰であるかわからなかったでしょう。私は飛行訓練にはまったく貢献できず,写真撮影などでかえって邪魔をしてしまうので,1時間弱の妻沼滞在でした。

お天気が心配でしたが,ときどき太陽が見えるまずまずのお天気で,気持ちの良い妻沼でした。

部員の安全な飛行を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。