元物理情報工学科メンバーで,現在は東大 物理工学専攻の齋藤英治教授と,矢上で偶然お会いしました。

齋藤さんは日本を代表する物理学者で,NIMS の内田健一さんや物情の安藤先生の先生です。齋藤さんと私は2006年に物情メンバーになった同期であり(といっても年齢は大きく違いますが),足立研と齋藤研でいっしょにコンパをしたりして,交流がありました。

お話ししていてとてもうれしかったことは,齋藤さんが私の制御の著書を読んでくれていることでした。特に,「システム同定は物理に役立つ点も多く,物情のカリキュラムは良くできてますね」と言ってくれたことです。

本を書くと,その本はいろいろな人の目に触れて,読んでくれるかもしれません。齋藤さんのように制御分野ではない読者に評価していただけると,とてもうれしくなります。 

また本を書きたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。