本日,キャンパスキャンペーン(説明会のとき最前列に座っていた乗りのよい女子高生たちが早速「キャンキャン」と命名してくれました)委員長の的場先生とともに,慶應義塾女子高等学校に理工学部の宣伝に行ってきました。
 
 女子高OGである荒井研D2の島崎さんと足立研M2の河原井さんも同行して,理工学部の宣伝に一役買ってくれました。最近,特に,女子高から理工学部に進学する学生が減ってきているのですが,女性の技術系への進出は今後の日本の最重要課題の一つだと私は思っています。ぜひ,多くの女子高生に理工学部で数年後にお会いしたいものです。

 私がドクターコースの学生だったとき電気工学科の受付をしていた女性と20数年ぶりに偶然会いました。彼女は慶應女子高2年に在籍している生徒の母親になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。