東京都庁の近くにある日本テクノセンターで「MATLABによる制御のためのシステム同定基礎講座」というセミナーを3/18, 19の二日間にわたって行いました。計10時間講義しました。普段からそれほど受講生が集まるセミナーではないのですが,今回のセミナー参加者は片手で数えられる人数でした。
 見方によっては今回の受講生の皆さんはラッキーだったのではないかと思います。一人一台のPCでMATLABを使い,実習をいつもより多く含んだシステム同定のセミナーを行うことができました。80名相手に行っている大学でのシステム同定の講義と比べると,圧倒的に少人数の密度の濃い授業でした。SICEのシステム同定セミナーでもPCを用いた講義は行っていません。
 世界同時不況のため,企業では出張がほとんどできなくなっていると聞いています。また,セミナーなどで教育にかける予算も削減されているのでしょう。この悪循環がはやく回復されることを望んでいます。大学にいると,世の中の厳しさを肌で感じることが少なくなってきますが,学生の就職活動の厳しさを筆頭に,今回の不況の影響はすぐ近くに迫ってきています。

 3/22(日)に東京マラソン2009が開かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


 *自動投稿防止のため上の画像の文字の入力をお願いします。