講演者
橋本 和宗 講師(大阪大学大学院工学研究科 電気電子情報通信工学専攻)
講演日時
2022年9月3日(土)10:45~11:15
講演場所
オンライン
講演概要
信号時相論理式(STL: Signal Temporal Logic)は計算機科学の分野で提案された論理式であり、近年自動運転の安全性検証やロボットの経路タスクの仕様記述に用いられている。本講演では、信号時相論理とは何か、それが制御工学にどう適用されるかをまず説明し、その後発表者らが提案した、信号時相論理式の「ベクトル埋め込み」手法についてお話しする。
足立研夏合宿でのご講演のため,関係者以外は聴講できません。