Papers & Activities

2017

論文

  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : Self-triggered Model Predictive Control for Nonlinear Input-Affine Dynamical Systems via Adaptive Control Samples Selection, IEEE Transactions on Automatic Control, Vol.62, No.1, pp.177-189 (January 2017)
  • 井上正樹,浦田賢吾:規模の拡大により消散性能が向上するネットワークシステムの一クラス,システム制御情報学会論文誌,Vol.30, No.2, pp.59-65(2017.2)
  • 川口貴弘,彦野壮三朗,丸田一郎,足立修一:ルベーグサンプリングのもとでのシステム同定,計測自動制御学会論文集,Vol.53, No.3, pp.236-243(2017.3)
  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : Event-Triggered Intermittent Sampling for Nonlinear Model Predictive Control, Automatica, Vol.81, pp.148-155 (April 2017) 
  • 松井健太郎,菅谷真帆,足立修一:出力追従制御を応用したトランスオーラル再生制御器の設計,日本音響学会誌,Vol.73, No.5, pp.281-290(2017.5)
  • Takahiro Kawaguchi, Masaki Inoue, and Shuichi Adachi: State Estimation under Lebesgue Sampling and an Approach to Event-Triggered Control, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.10, No.3, pp.259–265 (May 2017)
  • 肥後利晃,川口貴弘,足立修一:サンプリング周期の非整数倍のむだ時間をもつシステムの同定法,計測自動制御学会論文集,Vol.53, No.8, pp.490-492(2017.8)
  • 八田羽謙一,井上正樹,川口貴弘,長村謙介,足立修一:ロバストゲインスケジュールオブザーバによるヒステリシス特性をもつ二次電池の充電率推定,計測自動制御学会論文集,Vol.53, No.11(2017.11 掲載決定)

国際会議

  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : Self-triggered control for constraint systems — a contractive set-based approarch, ACC2017, Seattle, USA (2017.5.25)
  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : A collision-free communication scheduling for nonlinear model predictive control, IFAC World Congress, Toulouse, France (2017.7.12)
  • Kenichi Hattaha, Masaki Inoue, Takahiro Kawaguchi, Kensuke Osamura, and Shuichi Adachi: State-of-charge estimation of rechargeable battery with hysteresis characteristics using robust gain-scheduled observer, 2017 IEEE Conference on Control Technology and Applications (CCTA2017), Hawaii, USA (2017.8.26)
  • Shohei Mori, Masaki Inoue, Kentaro Matsui, and Shuichi Adachi: Stable inversion design for binaural reproduction over loudspeakers, 2017 IEEE Conference on Control Technology and Applications (CCTA2017), Hawaii, USA (2017.8.26)
  • Takahiro Kawaguchi, Masaki Inoue, Ichiro Maruta and Shuichi Adachi: System identification and state estimation under Lebesgue sampling — Use of inter-sample information, 2017 IEEE Conference on Control Technology and Applications (CCTA2017), Hawaii, USA (2017.8.26)
  • Masaki Inoue, Ayaka Matsubayashi, and Shuichi Adachi: System identification with partial inheritance of existing model, SICE 2017, Kanazawa, Japan (to be presented, 2017.9.20)
  • Toshiaki Higo, Takahiro Kawaguchi, and Shuichi Adachi: System identification of time-delay system via discrete-time model with non-integer time-delay, SICE 2017, Kanazawa, Japan (to be presented, 2017.9.20)
  • Pablo Cervantes and Masaki Inoue: Performance evaluation of graph-reduction in SLAM through pose rejection, SICE 2017, Kanazawa, Japan (to be presented, 2017.9.20)
  • Kanako Shimojo, Masaki Inoue, and Shuichi Adachi: Input selection for soot modeling generated in gasoline engine, SICE 2017, Kanazawa, Japan (to be presented, 2017.9.22)
  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas: Robust safety controller synthesis using tubes, 56th IEEE Conference on Decision and Control, Melbourne, Australia (to be presented, December 12-15, 2017)

解説・依頼原稿

  • 足立修一:巻頭言 古くて新しいカルマンフィルタ,特集 カルマンフィルタを中心とした状態推定の理論から応用まで,計測と制御 (2017.9)
  • 足立修一:線形カルマンフィルタの基礎,特集 カルマンフィルタを中心とした状態推定の理論から応用まで,計測と制御 (2017.9)
  • 足立修一,丸田一郎,長村謙介:カルマンフィルタを用いた二次電池の充電率推定,特集 カルマンフィルタを中心とした状態推定の理論から応用まで,計測と制御 (2017.9)
  • 足立修一:読書案内,特集 カルマンフィルタを中心とした状態推定の理論から応用まで,計測と制御 (2017.9)

国内会議

  • 足立修一:モデルベースト制御における機械学習とダイナミクスの融合 調査研究会(DML研究会)の目指すところ,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.7)
  • 八田羽謙一,井上正樹,川口貴弘,長村謙介,足立修一:ゲインスケジュールオブザーバによる二次電池の充電率推定,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.7)
  • 平野将人,川口貴弘,中川史丸,井戸哲也,花土ゆう子,足立修一:カルマンフィルタを利用した多様な原子時計信号の融合,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.7)
  • 森 翔平,井上正樹,松井健太郎,足立修一:トランスオーラル音場再生のための安定逆システムの設計,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.7)
  • 清岡研治,井上正樹,川口貴弘,足立修一:車両隊列制御における車間通信規則の検討,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.7)
  • 鈴村美月,浦田賢吾,井上正樹,山田敏雅,足立修一:階層最適化に基づく風車群の総発電出力制御,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.7, 9)
  • 浦田賢吾,井上正樹:受動性に基づく大規模系の定量的な解析と電力系統への応用,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.7, 9)
  • 肥後利晃,川口貴弘,足立修一:サンプリング周期の非整数倍のむだ時間のもとでのシステム同定法,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.9)
  • 佐藤 諒,井上正樹,足立修一:スパース凸最適化に基づく最適センサ配置,SICE 第4回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2017),岡山大学(2017.3.9)
  • 板本真輝,井上正樹,丸田一郎,川口貴弘,足立修一:不感帯を含むルーリエ系に対する閉ループ同定の検討,第61回システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’17),京都テルサ(2017.5.23)
  • 川口貴弘,長村謙介,足立修一:入力に対して斉次な非線形要素をもつシステムの同定法とその電池への応用,第61回システム制御情報学会 研究発表講演会(SCI’17),京都テルサ(2017.5.24)
  • 松井健太郎, 伊藤敦郎, 森 翔平, 井上正樹, 足立修一:出力追従制御を応用したトランスオーラル再生制御器の緩和処理法,日本音響学会 2017年秋季研究発表会,愛媛大学(2017.9.25,発表予定)
  • 松井 健,井上正樹,足立修一,上野将樹,豊嶋弘和:機械学習を用いた吸気系のモデル予測制御,自動車技術会 2017 年秋季大会(グランキューブ大阪)(2017.10.11~13,発表予定)

受賞

  • 森川浩太郎:2017年度 計測自動制御学会制御部門 研究奨励賞,自動車エンジン燃焼系の信頼度付きモデリング(2017.3.8)
  • 浦田賢吾:2017年度 計測自動制御学会制御部門 学生ポスターセッション優秀発表賞,受動性に基づく大規模系の定量的な解析と電力系統への応用(2017.3.8)
  • 浦田賢吾:平成28年度 物理情報分野 優秀修士論文賞(2017.3.28)
  • 川口貴弘:SCI’17(システム情報学会主催)学生発表賞(2017.5.25)
  • 森川浩太郎,井上正樹,村岡光夫,下城孝名子,橋上栄二,(足立修一):自動車エンジン燃焼系の不確かさの評価付きモデリングとその制御問題への応用,電気学会 平成29年 産業応用部門論文賞(2017.8.29)

特許

  • 馬場厚志,足立修一:推定装置及び推定方法,特許第6130275(2017.4.21 登録)
  • 馬場厚志,足立修一:バッテリの健全度推定装置および健全度推定方法,特許第6182025(2017.7.28 登録)

招待・依頼講演

  • カルマンフィルタの基礎理論 ~センシング,制御,機械学習などの基礎となる~,トリケップスセミナー,オームビル(2017.2.16)
  • よくわかる!カルマンフィルタの基礎原理・計算法と実問題への応用と勘どころ,サイエンス & テクノロジーセミナー,東京流通センター(2017.2.20)
  • カルマンフィルタ入門,TH企画セミナーセンター,連合会館(2017.2.22)
  • カルマンフィルタによるリチウムイオン二次電池の充電率推定,JAXA 講演会,JAXA調布航空宇宙センター分室(2017.2.23)
  • カルマンフィルタの実践 ~カルマンフィルタを自由自在に使いこなす~,トリケップスセミナー,オームビル(2017.2.28)
  • カルマンフィルタの基礎理論,SICE第4回制御部門マルチシンポジウム ワークショップ「カルマンフィルタ再訪」,岡山大学 津島キャンパス(2017.3.6)
  • モデルベース開発と人工知能,日本画像学会 第1回 MBD/MBSE/1D シミュレーション特別交流会,『MBD/MBSE の理論と実践』,早稲田大学理工学部(2017.3.21)
  • カルマンフィルタ 超入門セミナー,情報機構,大井町 きゅりあん(2017.3.24)
  • 1時間半でカルマンフィルタを理解する !?,大阪府立大学 電力システムグループセミナー,大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス (2017.4.4)
  • システム同定によるモデリング(基礎編),トリケップスセミナー,オームビル(2017.6.8)
  • 機械学習とモデルベース開発,SICE第2回DML研究会,キャンパスプラザ京都 2階ホール(2017.6.9)
  • システム同定によるモデリング(実線編),トリケップスセミナー,オームビル(2017.6.21)
  • モデルベース開発と機械学習,日本画像学会年次大会(通算119回),学術総合センター(一橋講堂)(2017.6.22)
  • 高度ポリテクセンター 能力開発セミナー : システム同定の理論と実際,海浜幕張(2017.7.20)
  • モデルベース開発と機械学習,足立研夏合宿 2017,軽井沢マリオットホテル(2017.9.5)
  • カルマンフィルタの基礎理論 ~センシング,制御,機械学習などの基礎となる~,トリケップスセミナー,オームビル(2017.9.8)
  • モデルベース開発と人工知能,SCSK 基調講演,SCSK本社(2017.9.13)
  • 高校数学でわかるシステム制御工学,SCSK制御講座,SCSK中部オフィス(2017.9.14)
  • カルマンフィルタの実践 ~カルマンフィルタを自由自在に使いこなす~,トリケップスセミナー,オームビル(2017.9.15)

博士論文

  • 松井健太郎:3次元音響再生のための頭部伝達関数の推定と再生制御器の設計に関する研究(2017.3)
  • 川口貴弘:ルベーグサンプリングのもとでのシステム同定と状態推定に関する研究(2017.9)
  • 室井秀夫:モデルベース開発におけるシステム同定に関する研究 -同定入力選定と評価指標の提案(2017.9)

修士論文

  • 阿部侑真:事前情報を用いたシステム同定と航空機の飛行特性解析への応用
  • 浦田賢吾(Kengo Urata):Performance analysis in intercooperated passive systems and its applications to expanding power systems
  • 佐藤 諒:ヘルスモニタリングのための最適センサ配置とロバストフィルタ設計
  • 松林綾香:事前情報を継承するシステム同定法の開発
  • 吉田享平:ターボエンジンの吸気量制御における add-on 型設計方策の検討

卒業論文

  • 板本真輝:非線形要素を含むシステムの閉ループ同定
  • 鈴村美月:階層最適化に基づく風車群の総発電出力制御
  • 竹内瑞樹:制約つき補助変数法を用いた航空機の物理パラメータ同定
  • 八田羽謙一:ロバストオブザーバによるヒステリシス特性をもつ二次電池の充電率推定
  • 平野将人:時系生成のためのカルマンフィルタによる多様な原子時計の融合
  • 吉村 翔:順システムの入出力データを直接用いた安定逆システムの構成法

学会活動

2016

著書

論文

国際会議

  • Hiroka Inoue, Masahiro Ono, Sakurako Tamaki, and Shuichi Adachi : Active Localization for Planetary Rovers, 2016 IEEE Aerospace Conference, Montana,USA (March 5 – 12, 2016)
  • Atsushi Baba, Kinnosuke Itabashi, Nozomu Teranishi, Yoshihiro Edamoto, Kensuke Osamura, Ichiro Maruta, and Shuichi Adachi : Simultaneous Estimation of the SOC and Parameters of Batteries for HEV/EV, SAE 2016 World Congress & Exhibition, Detroit, MI, USA (April 12, 2016)
  • Atsushi Baba, Kinnosuke Itabashi, Nozomu Teranishi, Yoshihiro Edamoto, Kensuke Osamura, Ichiro Maruta, and Shuichi Adachi : SOC and Parameter Estimation for HEV/EV Batteries, EVTeC & APE 2016, Yokohama, Japan (2016.5.25)
  • Yuma Abe, Masaki Inoue, and Shuichi Adachi: Subspace Identification Method Incorporated with a Priori Information Characterized in Frequency Domain, European Control Conference 2016 (ECC16), Aalborg, Denmark (June 30, 2016)
  • Kengo Urata, Masaki Inoue, Dai Murayama, and Shuichi Adachi : Dynamic Modeling and Very Short-term Prediction of Wind Power Output Using Box-Cox Transformation, MoViC RASD 2016, the University of Southampton, UK (5 July 2016)
  • Ryo Sato, Masaki Inoue, and Shuichi Adachi : A Structured Model Reduction Method for Linear Interconnected Systems, MoViC RASD 2016, the University of Southampton, UK (5 July 2016)
  • Kengo Urata and Masaki Inoue: Solidifying and Expandable Network System Constructed by Interconnection of Gamma-Passive Systems, 22nd International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems (MTNS16), Minneapolis, MN, USA (July 12, 2016)
  • Yuma Abe, Masaki Inoue, and Shuichi Adachi: Subspace Identification Method under LMI Constraint, 22nd International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems (MTNS16), Minneapolis, MN, USA (July 14, 2016)
  • Kengo Urata and Masaki Inoue: Dissipativity reinforcement in network system: A design principle of large-scale dynamical system, 6th IFAC Workshop on Distributed Estimation and Control in Networked Systems (NecSys), Tokyo, Japan (September 8, 2016)
  • Kentaro Matsui, Maho Sugaya, amd Shuichi Adachi : A design method of transaural reproduction controller based on H-infinity norm constrant, SICE2016, Tsukuba, Japan (2016.9.23)
  • Takahiro Kawaguchi, Masaki Inoue, and Shuichi Adachi : State estimation by particle filter under Lebesgue sampling, SICE2016, Tsukuba, Japan (2016.9.23)
  • Takahiro Kawaguchi, Sousaburo Hikono, Ichiro Maruta, and Shuichi Adachi : System identification under Lebesgue sampling and its asymptotic property, IEEE CDC2016, Las Vegas, USA (2016.12.12)
  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : Self-triggered model predictive control for continuous-time systems: A multiple discretization approach, IEEE CDC2016, Las Vegas, USA (2016.12.13)

解説・依頼原稿

  • 馬場厚志,板橋欣之介,寺西 望,枝本吉広,長村謙介,丸田一郎,足立修一:HEV/EV 向けリチウムイオン電池の充電率とパラメータの同時推定,Calsonic Kansei Technical Review,Vol.12,pp.67-73(2016.3)(自動車技術会の許可を得て自動車技術会論文集, Vol.46, No.1 より転載)

国内会議

  • 森川浩太郎,井上正樹,村岡光夫,下城孝名子,橋上栄二, 足立修一:自動車エンジン燃焼系の信頼度付きモデリング,SICE 第3回制御部門マルチシンポジウム,南山大学(2016.3.7)
  • 川口貴弘,彦野壮三朗,丸田一郎,足立修一:ルベーグサンプリングを用いたシステム同定法とその統計的性質,SICE 第3回制御部門マルチシンポジウム,南山大学(2016.3.8)
  • 浦田賢吾,井上正樹:フィードバック制御によって外乱抑制性能が向上するシステムの一クラス — γー正実性を用いた解析,SICE 第3回制御部門マルチシンポジウム,南山大学(2016.3.8)
  • 井上正樹,松林綾香,足立修一:伝達関数へのモーメント制約のもとでの部分空間同定法,SICE 第3回制御部門マルチシンポジウム,南山大学(2016.3.9)
  • 橋本和宗,足立修一:非線形モデル予測制御のための周期的事象駆動設計,SICE 第3回制御部門マルチシンポジウム,南山大学(2016.3.9)
  • 室井秀夫,足立修一 :巡回シフトM系列による多入力1出力系に対する同定入力設計,第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16),京都(2016.5.25)
  • 川口貴弘,井上正樹,足立修一 :ルベーグサンプリングのもとでのパーティクルフィルタによる状態推定,第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16),京都(2016.5.25)
  • 井上正樹,浦田賢吾:動的システムの超大規模接続による消散性の強化,第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16),京都(2016.5.25)
  • 松井 健,村岡 光夫,下城 孝名子,足立 修一 :カーネル法を用いたガソリンエンジンの排気ガス再循環システムのモデリング ,第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16),京都(2016.5.26)
  • 森 翔平,松井健太郎,井上正樹,足立修一:線形行列不等式を用いた再生音場の逆システムの設計,第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16),京都(2016.5.27)
  • 阿部侑真,竹内瑞穂,成岡 優,佐藤昌之,足立修一:グレーボックスモデリングに基づく航空機のパラメータ推定,第54回飛行機シンポジウム,富山(2016.10.25)
  • 橋本和宗,足立修一:制約付き線形システムのための自己駆動制御:縮小集合によるアプローチ,第59回自動制御連合講演会,北九州国際会議場(2016.11.10)
  • 松林綾香,井上正樹,足立修一:参照モデルの入出力特性を継承するシステム同定法,第59回自動制御連合講演会,北九州国際会議場(2016.11.10)
  • 八田羽謙一,井上正樹,川口貴弘,馬場厚志,長村謙介,足立修一:ロバストオブザーバによる二次電池の充電率推定,第59回自動制御連合講演会,北九州国際会議場(2016.11.10)
  • 浦田賢吾,井上正樹:フィードバック接続により外乱抑制性能が向上するシステムのクラス:性能付き受動定理,第59回自動制御連合講演会,北九州国際会議場(2016.11.10)

受賞

  • 室井秀夫:第58回自動制御連合講演会 優秀発表賞,巡回シフトM系列による多入力1出力系の同定入力設計(2016.2.10)
  • 阿部侑真:第58回自動制御連合講演会 優秀発表賞,周波数特性の事前情報を利用した部分空間同定法(2016.2.10)
  • Masaki Inoue: Outstanding Reviewer for Automatica for 2014-2015(2016.2.10)
  • 永井祥子:平成27年度 物理情報分野 優秀修士論文賞(2016.3.28)
  • Atsushi Baba : Excellence in Oral Presentation in SAE 2016 World Congress and Exhibition (2016.4)
  • 川口貴弘:SCI’16(システム情報学会主催)学生発表賞(2016.5.25)
  • 永井祥子,室井秀夫,竹下 侑,小松 真,加藤真治,足立修一:モデル予測制御を用いた複写機におけるトナー補給制御システムの設計,システム制御情報学会 2016年度 産業技術賞(2016.5.26)
  • Atsushi Baba : Outstanding Presentation Award, EVTeC & APE Japan 2016 (2016.5)
  • 大明準治,足立修一: 設計レス非線形オブザーバに基づく弾性間節ロボットアームの振動抑制制御,電気学会 平成28年 産業応用部門論文賞(2016.8.31)
  • 松林綾香:第59回自動制御連合講演会 優秀発表賞,参照モデルの入出力特性を継承するシステム同定法(2016.12.10)

特許

  • Atsushi Baba,and Shuichi Adachi : Battery SOC estimation device, United States Patent, US 9,329,240 B2 (May 3, 2016)
  • 馬場厚志,足立修一,丸田一郎:バッテリのパラメータ等推定装置およびその推定方法,特許第5944291(2016.6.3 登録)
  • 馬場厚志,足立修一,丸田一郎:バッテリのパラメータ推定装置及びパラメータ推定方法,特許第5946436(2016.6.10 登録)

招待・依頼講演

  • システム同定によるモデリングの基礎,トリケップスセミナー,オームビル (2016.2.15)
  • カルマンフィルタの基礎理論(原理と計算法)と実問題への応用,サイエンス&テクノロジー セミナー,大井町 きゅりあん(2016.2.18)
  • カルマンフィルタ入門,TH 企画セミナー,連合会館(2016.2.24)
  • 線形カルマンフィルタから非線形カルマンフィルタへ,トリケップスセミナー,連合会館(2016.3.11)
  • 機械学習を学ぶヒント,リコー制御セミナー 2016 spring,海老名(2016.3.14)
  • システム工学の基礎~モデリングからカルマンフィルタまで~,新日鐵住金㈱ 技術講座「高度制御技術」,新日鐵住金 代々木人材育成センター(2016.3.16)
  • 連続時間システム同定入門,大須賀研セミナー,大阪大学(2016.4.5)
  • 対談:下館和巳✠足立修一,仙台 オジーノカリーヤ(2016.4.19)
  • 制御工学入門,信州大学 客員教授(2016.5.17)
  • システム同定によるモデリング(基礎編),トリケップスセミナー,連合会館(2016.6.9)
  • 閉ループシステム同定の基礎と漸近理論,足立研セミナー,創想館2階 DR7(2016.6.13)
  • システム同定によるモデリング(実践編),トリケップスセミナー,オームビル(2016.6.16)
  • 日産技術講座「制御理論と自動車への適用 Advanced」: 高校数学でわかるシステム制御工学~ 制御理論の基礎から最先端の応用まで~,愛甲石田(2016.6.23)
  • 高度ポリテクセンター 能力開発セミナー : システム同定の理論と実際,海浜幕張(2016.7.21)
  • カルマンフィルタを活用するためのモデリング入門,TH 企画セミナー,連合会館(2016.7.27)
  • 閉ループシステム同定の基礎と漸近理論,京都大学杉江研セミナー,京都大学吉田キャンパス(2016.7.29)
  • システム同定入門,信州大学 客員教授(2016.8.9)
  • 機械学習を学ぶヒント,足立研夏合宿 2016,ラフォーレ那須(2016.9.5)
  • カルマンフィルタの基礎から応用まで ~センシング,制御,機械学習などの基礎となる~,トリケップスセミナー,オームビル(2016.9.14)
  • システム同定による制御対象のモデリング,JAXA 第3回 JetFTB 空力ワークショップ,JAXA 調布分室(2016.10.12)
  • 1時間でカルマンフィルタを理解したつもりになる,九州工業大学 西田健研究室セミナー,九工大 戸畑キャンパス(2016.11.11)
  • システム同定によるモデリング,トリケップスセミナー,オームビル(2016.11.16)
  • SICE セミナー「モデルベースト制御系設計 ~モデリングから制御系設計までを系統的に学ぶ~」2016:モデリング編:制御対象のモデリング,電気通信大学(2016.12.05)

修士論文

  • 井上博夏:位置推定精度向上のための火星探査飛行機およびローバの経路設計
  • 菅谷真帆:トランスオーラル再生のための音場の逆システム構成法
  • 永井祥子:複写機のトナー補給システムのモデルベースト制御
  • 森川浩太郎:信頼度付き制御系設計法とエンジン燃焼系への適用
  • 彦野壮三朗:物理特性を考慮した電気自動車用リチウムイオン二次電池のモデリング

卒業論文

  • 清岡研治:分散配置された太陽光発電出力の時系列モデリングと超短時間先予測
  • 肥後利晃:連続時間システム同定による印刷プロセスのモデリング
  • 松井 健:カーネル法を用いたガソリンエンジンの排気ガス再循環システムのモデリング
  • 森 翔平:線形行列不等式を用いた立体音響システムの設計
  • 田巻櫻子:飛行試験データを用いた実験用飛行機『飛翔』の縦運動解析

学会活動

  • IEEE Control Systems Society Japan Chapter (CS-23) Chair
  • IFAC A member of the IFAC Technical Committee in Modeling, Identification and Signal Processing (TC1.1.)
  • 計測自動制御学会
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • 制御部門 プラントモデリング部会 委員

2015

著書

論文

国際会議

  • Kazumune Hashimoto and Shuichi Adachi : Event-triggered model predictive control for linear networked control systems, ISCS 2015, Tokyo (5/March/2015)
  • Masaki Inoue and Shuichi Adachi : Domain of attraction enlarged with interconnection of nonlinear systems, ISCS 2015, Tokyo (7/March/2015)
  • Atsushi Baba and Shuichi Adachi : Simultaneous State of Charge and Parameter Estimation of Lithium-Ion Battery Using Log-Normalized Unscented Kalman Filter, 2015 American Control Conference (ACC2015), Chicago, IL, USA
  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : Self-Triggered Nonlinear Model Predictive Control for Networked Control Systems, 2015 American Control Conference (ACC2015), Chicago, IL, USA (1-3/July/2015)
  • Kengo Urata, Masaki Inoue, and Shuichi Adachi : Passivity-Based Strategy for Constructing Large-Scale and Expanding Network Systems, European Control Conference 2015 (ecc15), Linz, Austria (July 17, 2015)
  • Hikaru Ikuta, Masaki Inoue, Jun-ichi Imura, and Shuichi Adachi : Robust Hyperbolicity of Multiple Equilibria and Analysis of the Cellular Reprogramming Process, European Control Conference 2015 (ecc15), Linz, Austria (July 17, 2015)
  • Hikaru Ikuta, Masaki Inoue, Shuichi Adachi: Robust bifurcation analysis for a genetic controller design problem to cell fate control, 4th IFAC Conference on Analysis and Control of Chaotic Systems (CHAOS15), Tokyo, Japan (August 26-28, 2015)
  • Sosaburo Hikono, Ayane Sugiura, Takahiro Kawaguchi, Atsushi Baba, Ichiro Maruta, and Shuichi Adachi : Continuous-time System Identification of Rechargeable Battery in Electric Vehicles in Consideration of Temperature Characteristics, IEEE Multi-Conference on Systems and Control (MSC2015), Sydney, Australia (September 21-23, 2015)
  • Shoko Nagai, Hideo Muroi, Yu Takeshita, Makoto Komatsu, Shinji Kato and Shuichi Adachi : System Identification and Model Predictive Control Design of Toner Supply  System of Photocopier, IEEE Multi-Conference on Systems and Control (MSC2015), Sydney, Australia (September 21-23, 2015)
  • Kanako Shimojo, Kotaro Morikawa, Yusuke Kashima, Masaki Inoue and Shuichi Adachi : Dynamic modeling of engine combustion system using approximated kernel method, IEEE Multi-Conference on Systems and Control (MSC2015), Sydney, Australia (September 21-23, 2015)
  • Maho Sugaya, Kentaro Matsui, Yasushige Nakayama and Shuichi Adachi : Method of Designing Inverse System for Binaural Reproduction over Loudspeakers by Using Diagonalization Method, IEEE Multi-Conference on Systems and Control (MSC2015), Sydney, Australia (September 21-23, 2015)
  • Junji Oaki and Shuichi Adachi : Vibration suppression and fast-positionig control of elastic-joint robot arm utilizing nonlinear-model-based phase-lead compensator, IEEE Multi-Conference on Systems and Control (MSC2015), Sydney, Australia (September 21-23, 2015)
  • Hideo Muroi and Shuichi Adachi : Model validation criteria for system identification in time domain, IFAC SYSID 2015, Beijing, China (Oct. 19, 2015)
  • Masaki Inoue, Kengo Urata, and Sosaburo Hikono: Nonlinear statistical modeling via output distribution matching: for very-short term prediction of wind speed, Workshop on System and Control Perspectives for Smart City 2015 (SCPSC 2015), Hiroshima, Japan (accepted, December 13, 2015)
  • Masaki Inoue, Ayaka Matsubayashi, and Shuichi Adachi : Moment-constrained subspace identification using a priori knowledge, 54th IEEE Conference on Decision and Control (CDC 2015), Osaka, Japan (December 16, 2015)
  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : Time-constrained event-triggered model predictive control for nonlinear continuous-time systems, 54th IEEE Conference on Decision and Control (CDC 2015), Osaka, Japan (December 17, 2015)
  • Ichiro Maruta, Atsushi Baba, and Shuichi Adachi : Analysis of difficulty in estimating physically-meaningful model parameters based on normalized parameter sensitivity plot, 54th IEEE Conference on Decision and Control (CDC 2015), Osaka, Japan (December 18, 2015)

解説・依頼原稿

  • 足立修一:物理と情報と制御,カルソニックカンセイテクニカルレビュー「特別寄稿」,pp.6-14, Vol.11, 2014(2015.3)

国内会議

  • 嘉嶋佑介,村岡光夫,下城孝名子,足立修一:モデルの複雑さを考慮したカーネル法によるエンジン燃焼系の動的モデリング,SICE 第2回制御部門マルチシンポジウム ,東京電機大学(2015.3.5)
  • 大明準治,足立修一:非線形モデルベースト位相進み制御に基づく弾性関節ロボットアームの振動抑制と位置決め高速化,SICE 第2回制御部門マルチシンポジウム ,東京電機大学(2015.3.7)
  • 阿部侑真,井上博夏,足立修一,中村佑斗,植田勝彦:慣性センサと画像センサを融合したゴルフスイングの運動推定,SCI’15,大阪(2015.5.20)
  • 松林綾香,井上正樹,室井秀夫,足立修一:伝達関数のモーメント情報を考慮したシステム同定法,SCI’15,大阪(2015.5.21)
  • 佐藤 諒,若林優一,井上正樹,足立修一,木村麻衣,垣内大紀,中村恵子:ジェットエンジンのヘルスモニタリングのための低次モデルの構築,SCI’15,大阪(2015.5.21)
  • 彦野荘三郎,丸田一郎,馬場厚志,足立修一:ルベーグサンプリングを用いたシステム同定に関する一考察,SCI’15,大阪(2015.5.21)
  • 森川浩太郎,吉野睦示,高橋 亘,井上正樹,足立修一:運動解析に基づく車線変更軌道モデルの構築に関する検討,SCI’15,大阪(2015.5.22)
  • 馬場厚志,板橋欣之介,寺西 望,枝本吉広,長村謙介,丸田一郎,足立修一 : HEV/EV 向け電池の充電率とパラメータの推定,自動車技術会春季学術講演会,横浜(2015.5.22)
  • 松林綾香,井上正樹,室井秀夫,足立修一:プリ同定で得られた伝達関数のモーメント情報を用いたシステム同定法,MOVIC 2015,宇都宮(2015.6.24)
  • 室井秀夫,金井関利,足立修一:多変数システム同定のための入力信号の設計について,MOVIC 2015,宇都宮(2015.6.24)
  • 松井健太郎,金井関利,菅谷真帆,足立修一:頭部伝達関数の共通極・零モデリング法の一検討,応用音響研究会,東北大学電気通信研究所 (2015.8.3)
  • 井上博夏,小野雅裕,足立修一:位置推定精度向上のための火星探査ローバの経路設計,第59回宇宙科学技術連合講演会,かごしま県民交流センター(2015.10.7)
  • 下城孝名子,北村泰隆,佐藤正浩,足立修一:ガソリンエンジンのすすの準定常計測とモデリング,2015年 自動車技術会秋季大会,北九州(2015.10)
  • 阿部侑真,田巻櫻子,足立修一,成岡 優,保江かな子,上野 真:オートパイロットを利用した航空機縦運動の準静特性解析,第53回飛行機シンポジウム,松山市総合コミュニティセンター(2015.11.13)
  • 室井秀夫,足立修一:巡回シフトM系列による多入力1出力系の同定入力設計,第58回自動制御連合講演会,神戸大学(2015.11.14)
  • 阿部侑真,井上正樹,足立修一:周波数特性の事前情報を利用した部分空間同定法,第58回自動制御連合講演会,神戸大学(2015.11.14)
  • 吉田享平,村岡光夫,下城孝名子,足立修一:自然吸気エンジンとターボエンジンの統合モデルの構築,第58回自動制御連合講演会,神戸大学(2015.11.15)
  • 浦田賢吾, 清岡研治,井上正樹:自然エネルギーの動的モデリングと超短時間先予測,第58回自動制御連合講演会,神戸大学(2015.11.15)

受賞

  • 森川浩太郎:第57回自動制御連合講演会 優秀発表賞,サポートベクターマシンを用いた車線変更時のドライバの運転行動分析(2015.1)
  • 橋本和宗:平成26年度 物理情報システム分野 優秀修士論文賞 (2015.3.30)
  • 松井健太郎,杉本岳大,足立修一ほか:22.2マルチチャンネル音響の枠型スピーカによるバイノーラル再生法の開発,映像情報メディア学会 映像情報メディア未来賞 フロンティア賞 (2015.5.29)
  • 井上正樹,鈴木雅康,加嶋健司,井村順一,合原一幸: ルーリエ系の絶対不安定条件,2015年度 計測自動制御学会論文賞(2015.10.27)

特許

  • 馬場厚志,足立修一:バッテリの充電率推定装置,中華人民共和国 特許,ZL201180065424.0 (2015.9.9)
  • 馬場厚志,足立修一,川口貴弘,丸田一郎:連続時間システムのパラメータ同定装置およびその同定方法,特許第5847685号(2015.12.4 登録)
  • Atsushi Baba, Kensuke Osamura, and Shuichi Adachi : Parameter estimation device, United States Patent, US 9,207,284 B2 (Dec. 8, 2015)

招待・依頼講演

  • カルマンフィルタ入門,京都大学リーディング大学院 デザイン学プログラム,京都大学大学院情報学研究科(2015.1.6)
  • カルマンフィルタの肝とリチウムイオン電池の充電率推定への応用,京都大学杉江研セミナー(2015.1.20)
  • トリケップスセミナー :線形カルマンフィルタから非線形カルマンフィルタへ,オームビル (2015.2.17)
  • 足立研究室の研究紹介,リコー制御セミナー 2015 spring,海老名(2015.2.25)
  • カルマンフィルタ入門,TH企画セミナーセンター,連合会館(2015.3.18)
  • モデルベースト制御理論~モデリングの基礎理論,信州大学 千田研究室 計測制御セミナー(2015.5.13)
  • カルマンフィルタの肝とリチウムイオン電池の充電率推定への応用,東芝セミナー,ラゾーナ東芝(2015.6.8)
  • トリケップスセミナー :システム同定によるモデリングの基礎,オームビル (2015.6.18)
  • 高度ポリテクセンター能力開発セミナー : システム同定の理論と実際,海浜幕張(2015.7.24)
  • 足立研セミナー(足立研夏合宿2015):連続時間システム同定入門,ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢(2015.9.9)
  • トリケップスセミナー :線形カルマンフィルタから非線形カルマンフィルタへ,オームビル (2015.9.15)
  • 連続時間システム同定入門,リコー制御セミナー 2015 autumn,海老名(2015.11.25)
  • SICE セミナー「モデルベースト制御系設計 ~モデリングから制御系設計までを系統的に学ぶ~」2015:モデリング編:制御対象のモデリング,常翔学園大阪センター(2015.11.30)

修士論文

  • 橋本和宗 :Event-triggered model predictive control for networked control systems
  • 嘉嶋佑介 :モデルの複雑さを考慮したカーネル法によるエンジン燃焼系の動的モデリング
  • 金井関利 :多入力システム同定のための入力設計と頭部伝達関数推定への適用
  • 杉浦文音 :物理特性を考慮した電気自動車用二次電池のグレーボックスモデリング
  • 杉本貴史 :自然エネルギー発電の不確実性を考慮した電力網の設計と制御
  • 若林優一 :センサ配置を考慮したロバストフィルタによるジェットエンジンのヘルスモニタリング

卒業論文

  • 阿部侑真 :慣性センサと画像センサを融合したゴルフスイングの運動推定
  • 幾田 光 :A computational method for robust bifurcation analysis and its application to gene regulatory networks
  • 浦田賢吾 :電力ネットワークの周波数制御のためのモデリング
  • 佐藤 諒 :ジェットエンジンのヘルスモニタリングのための低次モデルの構築
  • 松林綾香 :伝達関数のモーメント情報を考慮したシステム同定法
  • 吉田享平 :自然吸気エンジンとターボエンジンの統合モデルの構築

学会活動

  • IEEE Control Systems Society Japan Chapter (CS-23) Vice-chair
  • IFAC A member of the IFAC Technical Committee in Modeling, Identification and Signal Processing (TC1.1.)
  • 計測自動制御学会
    • 計測自動制御学会論文集 エディタ(制御分野)
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • 制御部門 プラントモデリング部会 委員

2014

著書

論文

国際会議

  • Nozomu Teranishi, Atsushi Baba, Kinnosuke Itabashi, Yoshihiro Edamoto, Kensuke Osamura, Ichiro Maruta, and Shuichi Adachi : State of Charge Estimation of HEV/EV Batteries, EVTeC & APE 2014, Yokohama, Japan (2014.5.22)
  • Masaki Inoue, Takayuki Arai, Jun-ichi Imura, Kenji Kashima, and Kazuyuki Aihara, Robust stability and instability of nonlinear feedback system with uncertainty-dependent equilibrium, European Control Conference 2014, pp. 1486-1491, Strasbourg, France, (2014.6)
  • Junji Oaki and Shuichi Adachi : Plug-in Feedback Using Physically Parameterized Observer for Vibration-Suppression Control of Elastic-Joint Robot, European Control Conference 2014, Strasbourg, France (2014.6.27)
  • Masaki Inoue, Jun-ichi Imura, and Takayuki Ishizaki, Instability of interconnected positive real systems, 21st International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, pp. 1326-1331, Groningen, The Netherlands, (2014.7)
  • Anak Agung Julius and Masaki Inoue,Sampling criteria that preserve monotone regulation in gene regulatory networks, 21st International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, pp. 90-91, Groningen, The Netherlands, (2014.7)
  • Masaki Inoue, Takayuki Arai, Jun-ichi Imura, Kenji Kashima, and Kazuyuki Aihara, Robustness analysis of genetic circuits constructed by bottom-up strategy, 19th IFAC World Congress (invited session), pp. 1736-1741, Cape Town, South Africa, (2014.8)
  • Takayuki Ishida, Hiroka Inoue, Wataru Mogi, Masaki Takahashi, Masahiro Ono, and Shuichi Adachi : Long-range navigation for resource-constrained planetary rovers using angle of arrival, The 12th International Conference on Motion and Vibration (MOVIC2014), Sapporo, Japan (2014.8)
  • Maho Sugaya, Kentaro Matsui, Yasushige Nakayama, and Shuichi Adachi : Low-order modeling of head-related transfer functions for transaural systems, SICE2014, Sapporo, Japan (2014.9.12)
  • Kentaro Arai, Hidemasa Takamura, Hiroka Inoue, Masahiro Ono and Shuichi Adachi : Fast vision-based localozation for a Mars airplane, SICE2014, Sapporo, Japan (2014.9.12)
  • Shoko Nagai, Yu Takeshita, Makoto Komatsu, Shinji Kato and Shuichi Adachi : System identification and control systems design of toner supply system in photocopier, SICE2014, Sapporo, Japan (2014.9.12)
  • Sekitoshi Kanai, Kentaro Matsui, and Shuichi Adachi : Identification input design for simulatneous estimation of head-related transfer functions, SICE2014, Sapporo, Japan (2014.9.12)
  • Masaki Inoue, Jun-ichi Imura, Hikaru Ikuta, Kenji Kashima, and Kazuyuki Aihara, Bifurcation analysis in reprogramming process of somatic cells, Molecular Robotics Symposium in Chem-Bio Informatics Society Annual Meeting 2014, Tokyo, (oral and poster), (2014,10).
  • Kentaro Matsui, Yasushige Nakayama, Maho Sugaya, and Shuichi Adachi : Binaural reproduction over loudspeakers using low-order modeled HRTFs, 137th AES Convention, Los-Angeles, USA (2014.10)
  • Sekitoshi Kanai, Kentaro Matsui, Yasushige Nakayama, and Shuichi Adachi : Uncorrelated input signals design and identification with low-complexity for simultaneous estimation of hear-related transfer functions, 137th AES Convention, Los-Angeles, USA (2014.10)
  • Hideo Muroi and Shuichi Adachi : Model validation criteria for system identification in the time domain, The 46th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications (SSS2014), Kyoto Institute of Technology, Kyoto, Japan (2014.11.2)
  • Kazumune Hashimoto, Shuichi Adachi, and Dimos V. Dimarogonas : Distributed Event-Based Model Predictive Control for Multi-Agent systems under Disturbances, International conference on Network Games, Control and Optimization (NetGCoop 2014), Trento, Italy (31 Oct. 2014)
  • Masaki Yo, Masahiro Ono, Shuichi Adachi, Dai Murayama and Nobuo Okita : Power output smoothing for hybrid wind-solar thermal plant using chance-constraint model predictive control, IEEE CDC 2014, Los Angeles, USA (Dec. 15-17, 2014)
  • Masaki Inoue, Jun-ichi Imura, Takayuki Arai, Kenji Kashima, and Kazuyuki Aihara, Saddle-node bifurcation and its robustness analysis: A mechanism for inducing pluripotency in stem cell, 53rd IEEE Conference on Decision and Control, pp. 5973-5978, Los Angeles, CA, (USA,Dec. 2014)

解説・依頼原稿

  • 枝本吉広,馬場厚志,寺西 望,板橋欣之介,長村謙介,丸田一郎,足立修一:HEV/EV 向け電池の充電率推定,Calsonic Kansei Technical Review, Vol.10,pp.13 – 17 (2013)
  • 足立修一:モデル予測制御の基礎,日本ロボット学会誌 特集「ロボット工学における最適化」,Vol.32, No.6(2014.7)
  • 井上正樹:ロバスト分岐解析-生体分子回路の解析や設計を例として-,システム/制御/情報,Vol. 58, No. 8,pp.321–326, (2014)

国内会議

  • 下城孝名子,北村泰隆,佐藤正浩,何静,足立修一:準定常計測を用いたガソリンエンジンのすすモデリング,計測自動制御学会 第1回制御部門マルチシンポジウム (2014.3.5)
  • 羽鳥 萌,室井秀夫,丸田一郎,足立修一:連続時間システム同定によるフレキシブルアームの物理パラメータ推定,計測自動制御学会 第1回制御部門マルチシンポジウム (2014.3.7)
  • 大明準治,足立修一:高慣性化制御に基づく弾性関節ロボットアームの振動抑制制御,計測自動制御学会 第1回制御部門マルチシンポジウム (2014.3.7)
  • 小松 真,加藤真治,竹下 侑,永井祥子,足立修一:モデル予測制御を用いた複写機におけるトナー補給制御系の設計,第58回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’14),京都 (2014.5.21)
  • 室井秀夫,竹下 侑,足立修一:時間領域におけるシステム同定結果の評価法に関する一考察,第58回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’14),京都 (2014.5.22)
  • 井上博夏,石田貴之,茂木 渉,小野雅裕,高橋正樹,足立修一:測位情報を用いた惑星探査機の自己位置推定,第58回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’14),京都 (2014.5.23)
  • 高村英雅,新井健太郎,小野雅裕,足立修一:アウトライアに対してロバストなカルマンフィルタと火星飛行機への適用,第58回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’14),京都 (2014.5.23)
  • 松井健太郎,中山靖茂,菅谷真帆,足立修一:低次 HRTF モデルを用いたトランスオーラル再生,電子通信学会 応用音響研究会(EA)/日本音響学会電気音響研究会,東北学院大学 多賀城キャンパス,信学技報 IEICE Techinical Report EA2014-16 (2014-08) (2014.8.19)
  • 松井健太郎,中山靖茂,足立修一:非負値行列因子分解のトランスオーラル再生への応用の一検討,日本音響学会 2014年秋季研究発表会,北海学園大学 豊平キャンパス(2014.9.4)
  • 金井関利,松井健太郎,中山靖茂,足立修一:頭部伝達関数同時推定のための入力信号設計,日本音響学会 2014年秋季研究発表会,北海学園大学 豊平キャンパス(2014.9.4)
  • 杉本貴史,小西隆介,小野雅裕,高橋正樹,足立修一:系統上の太陽光発電および蓄電池容量の同時確率的最適化,第57回自動制御連合講演会,伊香保温泉(2014.11.10 発表予定)
  • 浦田賢吾,井上正樹,足立修一:受動性を用いた大規模ネットワーク系の設計方策,第57回自動制御連合講演会,伊香保温泉(2014.11.10)
  • 森川浩太郎,足立修一,吉野睦示,高橋亘:サポートベクターマシンを用いた車線変更時のドライバの運転行動分析,第57回自動制御連合講演会,伊香保温泉(2014.11.10)
  • 井上正樹,井村順一,加嶋健司,合原一幸:体細胞の初期化に関する分岐理論的メカニズムとロバスト性解析,第57回自動制御連合講演会,伊香保温泉(2014.11.11)
  • 杉浦文音,丸田一郎,馬場厚志,足立修一:ヒステリシス特性を考慮したリチウムイオン二次電池のモデリング ,第57回自動制御連合講演会,伊香保温泉(2014.11.11)
  • 彦野壮三朗,杉浦文音,馬場厚志,丸田一郎,足立修一:温度特性を考慮したリチウムイオン二次電池の充電率と物理パラメータの同時推定,第57回自動制御連合講演会,伊香保温泉(2014.11.11)
  • 橋本和宗,足立修一:マルチエージェントシステムのためのEvent-triggered 分散モデル予測制御,第57回自動制御連合講演会,伊香保温泉(2014.11.12)
  • 井上博夏,新井健太郎,高村英雅,小野雅裕,足立修一:画像処理と測位情報による火星飛行機の自己位置推定,第58回宇宙科学技術連合講演会,長崎(2014.11.12)

受賞

  • 菅谷真帆:平成25年度 物理情報工学科特別賞(ベストプレゼン発表者) (2014.3.24)
  • 竹下 侑:平成25年度 物理情報システム分野 優秀修士論文賞 (2014.3.28)
  • 井上正樹:2014年度システム制御情報学会学会賞論文賞 (2014.5.22)
  • 足立修一,丸田一郎:2014 年度計測自動制御学会賞(著述賞)「カルマンフィルタの基礎」(2014.9.11)

特許

  • 馬場厚志,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特許第5606933号(2014.9.5 登録)
  • Atsushi Baba, Shuichi Adachi, and Takahiro Kawaguchi : Appratus and method for battery state of charge estimation, United States Patent, US 8,918,300 B2 (Dec. 23, 2014)

招待・依頼講演

  • 足立研究室の研究紹介,いすゞ中央研究所,藤沢(2014.2.20)
  • リチウムイオン二次電池の充電率推定,リコー制御セミナー 2014 spring,海老名(2014.3.12)
  • カルマンフィルタ入門,ルネサスソリューションズ技術講演会,東京(2014.3.14)
  • カルマンフィルタの基礎から応用まで,新日鐵住金 技術講座 「高度制御技術」,尼崎(2014.3.19)
  • リチウムイオン二次電池の充電率推定,信州大学工学部 計測制御セミナー,信州大学工学部(2014.4.23)
  • 1時間半でカルマンフィルタを理解したつもりになる!?,宇都宮大学工学部 アドバンスト制御セミナー,宇都宮大学工学部(2014.5.8)
  • 航空宇宙工学におけるシステム制御工学の役割,大阪大学大学院機械工学専攻「航空宇宙工学」(2014.6.16)
  • トリケップスセミナー :線形カルマンフィルタから非線形カルマンフィルタへ,オームビル (2014.7.17)
  • 高度ポリテクセンター能力開発セミナー : システム同定の理論と実際,海浜幕張(2014.7.24)
  • 足立研セミナー:航空宇宙分野における制御工学の役割,慶大矢上キャンパスセミナールーム3(2014.7.25)
  • 足立研セミナー:ますます重要性を増すリチウムイオン二次電池のモデリングと状態推定,水上温泉(2014.9.8)
  • モデル予測制御の応用例,リコー制御セミナー 2014 autumn,海老名(2014.10.27)
  • 日産技術講座「制御理論と自動車への適用 Advanced」: 高校数学でわかるシステム制御工学~ 制御理論の基礎から最先端の応用まで~,愛甲石田(2014.11.5)
  • SICEセミナー「モデルベースト制御系設計 ~モデリングから制御系設計までを系統的に学ぶ~」2014:モデリング編:制御対象のモデリング,東京理科大学森戸記念館(2014.11.25)
  • 電気自動車にも使えるカルマンフィルタの基礎,第19回計測自動制御学会九州支部講義会,九州工業大学 戸畑キャンパス(2014.12.5)
  • はじめてのカルマンフィルタ~基礎から応用事例まで~,情報機構セミナー,秋葉原 中小企業振興公社(2014.12.10)

博士論文

修士論文

  • 新井健太郎 :視覚情報に基づいた火星飛行機の高速位置推定法
  • 竹下 侑 :モデル予測制御を用いた複写機トナー制御系の設計
  • 西田知世 :多入力多出力フィードバックアクティブノイズコントロールシステムの設計
  • 余 正希 :自然エネルギー発電の大規模導入を可能にするためのリスク抑制型制御
  • 羽鳥 萌 :連続時間システム同定によるフレキシブルアームの物理パラメータ推定
  • 高村英雅:Fast Outlier-Robust Kalman Filter と火星飛行機の位置推定問題への適用

卒業論文

  • 井上博夏 :測位情報を用いた惑星探査機の自己位置推定
  • 菅谷真帆 :トランスオーラルシステム構築のための頭部伝達関数の低次元モデリング
  • 永井祥子 :ロバストモデル予測制御を用いたトナー補給制御システムの設計
  • 彦野荘三郎 :温度特性を考慮したリチウムイオン二次電池の充電率と物理パラメータの同時推定
  • 森川浩太郎 :識別関数を用いた車線変更時のトラックドライバの運転行動分析

学会活動

  • IEEE Control Systems Society Japan Chapter (CS-23) Vice-chair
  • IFAC A member of the IFAC Technical Committee in Modeling, Identification and Signal Processing (TC1.1.)
  • 計測自動制御学会
    • 代議員
    • 計測自動制御学会論文集 エディタ(制御分野)
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • 制御部門 プラントモデリング部会 委員

2013

論文

  • 大明準治,足立修一:物理パラメータ推定に基づくシリアル2リンク2慣性系の振動抑制制御,電気学会論文誌(D),Vol.133,No.1, pp.94-104 (2013.1)
  • Tatsuro Baba, Shuichi Adachi, and Masatsugu Taiko : Automatic Valve-Rejection Algorithm for Cardiac Doppler Ultrasound Systems, ISRN Biomedical Imaging, vol. 2013, Article ID 850303, 6 pages, 2013. doi:10.1155/2013/850303 (2013.3)
  • 室井秀夫,式守崇,足立修一:局所線形 PLS 法に基づくシステム同定法,計測自動制御学会論文集,Vol.49, No.3, pp.378-385 (2013.3)
  • 石川健太郎,丸田一郎,足立修一:L1 最適化を用いた循環構造を有するシステムのモデリング,計測自動制御学会論文集,Vol.49, No.6, pp.655-657 (2013.6)
  • 石川健太郎,徳住ゆりか,丸田一郎,足立修一,松井健太郎,安藤彰男:システム同定理論を用いた頭部伝達関数の三次元空間多方向同時推定,日本音響学会誌,Vol.69,No.7, pp.321-330(2013.7)
  • 川口貴弘,丸田一郎,馬場厚志,足立修一:拡散現象を考慮した電気自動車用二次電池の連続時間システム同定,計測自動制御学会論文集,Vol.49, No.7, pp.670-677 (2013.7)
  • 馬場 厚志,足立修一:対数化 UKF を用いたリチウムイオン電池の状態とパラメータの同時推定,電気学会論文誌(D),Vol.133,No.12, pp.1139-1147 (2013.12)

国際会議

  • Masaki Yo, Masahiro Ono, Brian Williams, and Shuichi Adachi : Risk-Limiting, Market-Based Power Dispatch and Pricing, European Control Conference 2013, Zurich, Switzerland (July 18, 2013)
  • Tomoyo Nishida, Kosuke Sakamoto, Toshio Inoue, and Shuichi Adachi : A Comparative Study of Feedback Active Noise Control for Low Frequency Noise, The SICE Annual Conference 2013, Nagoya, Japan (September 15, 2013)
  • Masahiro Ono, Ufuk Topcu, Masaki Yo, and Shuichi Adachi : Risk-Limiting Power Grid Control with an ARMA-Based Prediction Model, IEEE CDC 2013, Firenze, Italy (Dec. 10-13, 2013)

解説・依頼原稿

  • 足立修一:システム同定・推定理論のダイナミクス,計測と制御 特集 制御理論 — 過去・現在・そして未来,Vol.52, No.4,pp.368-373 (2013.4)
  • 足立修一:自動車のモデルベースト制御,機械の研究,Vol.65, No.7, pp.552-558 (2013.7)
  • 足立修一,藤田政之:エネルギーマネジメントのためのモデリングとシミュレーション,ミニ特集~エネルギーマネジメントのためのモデリングとシミュレーション 総括,シミュレーション,日本シミュレーション学会,Vol.32, No.3 (2013.9)

国内会議

  • 馬場厚志,川口貴弘,杉浦文音,足立修一:センサフュージョンを用いた HEV/EV 向け電池の状態推定,SICE第13回制御部門大会,福岡 (2013.3.7)
  • 馬場厚志,足立修一:対数化UKFを用いた電池の状態とパラメータの同時推定,SICE第13回制御部門大会,福岡 (2013.3.7)
  • 竹下 侑,小松 真,加藤真治,足立修一:積分特性を有するシステムの同定について,SICE第13回制御部門大会,福岡 (2013.3.7)
  • 若林優一,小野雅裕,足立修一,垣内大紀,木下 萌,古川洋之:パーティクルフィルタを用いたジェットエンジンのヘルスモニタリング,SICE第13回制御部門大会,福岡 (2013.3.7)
  • 余 正希,小野雅裕,Brian C.Williams,足立修一:需要不均衡リスクを抑制する分散最適電力配分とプライシング,SICE第13回制御部門大会,福岡 (2013.3.7)
  • 川口貴弘,杉浦文音,丸田一郎,馬場厚志,足立修一:拡散現象を考慮した電気自動車用二次電池のモデリングとその充電率推定への応用,SCI’13,神戸 (2013.5.17)
  • 石川健太郎,金井関利,足立修一,丸田一郎,松井健太郎,安藤彰男:パラメトリックモデルに基づく頭部伝達関数の推定,SCI’13,神戸 (2013.5.17)
  • 嘉嶋佑介,足立修一:指数和カーネルを用いた非線形システムの同定,SCI’13,神戸 (2013.5.17)
  • 枝本吉広,馬場厚志,寺西 望,板橋欣之介,長村謙介,丸田一郎,足立修一 : HEV/EV 向け電池の充電率推定,自動車技術会春季学術講演会,横浜 (2013.5.23)
  • 金井関利,足立修一,松井健太郎,安藤彰男:正則化最小二乗法を用いた頭部伝達関数の多方向同時推定,日本音響学会 聴覚研究会/電子情報通信学会 応用音響研究会,東北大学 電気通信研究所,pp.517 – 522 (2013.8.9)
  • 新井 健太郎,高村英雅,小野雅裕,足立修一:オンボードカメラによる火星飛行機の位置推定・誘導アルゴリズムの開発,MOVIC 2013,九州産業大学 (2013.8.29)
  • 高村英雅,新井 健太郎,小野雅裕,足立修一:オンボードカメラを用いた画像認識による火星飛行機の自律航行アルゴリズムの開発,第57回 宇宙科学技術連合講演会,米子 (2013.10.11)
  • 大明準治,足立修一:ロボットアームのグレーボックスモデリングとプラグイン型振動抑制制御への応用,第58回自動制御連合講演会,新潟大学 (2013.11.16)
  • 馬場厚志,丸田一郎,足立修一:リチウムイオン電池のパラメータと状態の推定精度に関する物理化学的考察,第58回自動制御連合講演会,新潟大学 (2013.11.16)
  • 丸田一郎,馬場厚志,足立修一:パラメータ感度に基づくモデル構造と同定入力の評価,第58回自動制御連合講演会,新潟大学 (2013.11.16)
  • 竹下侑,川口貴弘,足立修一:積分器を有するシステムの同定について,第58回自動制御連合講演会,新潟大学 (2013.11.16)
  • 杉本貴史,小野雅裕,足立修一:Scenario optimization を用いた電力潮流と予備発電量の確率的計画問題,第58回自動制御連合講演会,新潟大学 (2013.11.16)
  • 余 正希,小野雅裕,足立修一:確率的モデル予測制御を用いた風力・太陽熱ハイブリッド発電出力の平滑化,第58回自動制御連合講演会,新潟大学 (2013.11.17)
  • 若林優一,小野雅裕,足立修一,垣内大紀,木下 萌,中村恵子:ロバストフィルタを用いたジェットエンジンのヘルスモニタリング,第58回自動制御連合講演会,新潟大学 (2013.11.17)

特許

  • 板橋欣之介,足立修一:電池の状態推定装置,特許第5291845号(2013.6.14 登録)
  • 岩鼻利幸,長村謙介,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特許第5292375号(2013.6.14 登録)
  • 板橋欣之介,足立修一:電池の状態推定装置,特許第5307908号(2013.7.5 登録)
  • 馬場厚志,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特許第5318128号(2013.7.19 登録)
  • 馬場厚志,足立修一,川口貴弘:パラメータ推定装置,特許第5319854号(2013.7.19 登録)
  • 長村謙介,岩鼻利幸,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特許第5329500号(2013.8.2 登録)
  • 馬場厚志,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特許第5393837号(2013.10.25 登録)
  • 馬場厚志,長村謙介,足立修一:パラメータ推定装置,特許第5400732号(2013.11.1 登録)
  • 馬場厚志,足立修一,川口貴弘:バッテリの充電率推定装置及び充電率推定方法,特許第5404964号(2013.11.8 登録)

受賞

招待・依頼講演

  • リコー制御セミナー 2013 Spring:システム同定・推定理論のダイナミクス,リコーテクノロジーセンター(2013.3.13)
  • 第3回スペースフライト学研究イニシアティブ講演会:航空宇宙分野は制御を必要としている!?,大阪大学工学部M4棟 (2013.3.18)
  • IHI 航空宇宙事業本部 セミナー:カルマンフィルタの基礎,IHI瑞穂工場 (2013.4.18)
  • トリケップスセミナー :カルマンフィルタの基礎,オームビル (2013.4.25)
  • ATACS2013 :約1時間半でカルマンフィルタを理解したつもりになる!,独立行政法人 国立オリンピック記念青少年総合センター (2013.10.26)
  • リコー制御セミナー 2013 Autumn:足立研究室における研究内容の紹介 と制御工学の今後の展望,リコーテクノロジーセンター(2013.11.12)
  • トリケップスセミナー :線形カルマンフィルタから非線形カルマンフィルタへ,オームビル (2013.11.21)
  • 日産技術講座 基礎技術教育 : 高校数学でわかるシステム制御工学~ 制御理論の基礎から最先端の応用まで~,愛甲石田 (2013.11.27)
  • 日本機械学会ES部門 MBCC (Model-Based Combustion Control) 研究会 第4回研究会:エンジン制御のためのシーズ技術としての制御理論 ~カルマンフィルタとモデル予測制御~,東京工業大学 蔵前会館 (2013.12.20)

修士論文

  • 石川健太郎 : 三次元音像定位のための頭部伝達関数の推定
  • 伊藤大樹 : ロケット用低コスト航法装置のための複合航法の開発
  • 伊藤まゆ美 : 超小型人工衛星を用いたシステム同定による位置天文観測に関する基礎研究
  • 川口貴弘 : 連続時間システム同定による電気自動車用二次電池のモデリング
  • 東條芳明 : ガソリンエンジン燃焼系のローカルモデリング

卒業論文

  • 嘉嶋佑介 : 指数和カーネルを用いた非線形システムの同定
  • 金井関利 : システム同定理論に基づく頭部伝達関数の推定精度の比較
  • 杉浦文音 : 温度特性を考慮した電気自動車用二次電池のモデリングと充電率推定
  • 杉本貴史 : 電力潮流と予備発電量の確率的計画問題
  • 米澤 寛 : システム同定理論を用いた柔軟アームの振動パラメータの推定
  • 若林優一 : パーティクルフィルタを用いたジェットエンジンのヘルスモニタリング

学会活動

  • IFAC A member of the IFAC Technical Committee in Modeling, Identification and Signal Processing (TC1.1.)
  • 計測自動制御学会
    • 代議員
    • 計測自動制御学会論文集 エディタ(制御分野)
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • 制御部門 プラントモデリング部会 委員
  • システム制御情報学会
    • 評議員

2012

著書

論文

国際会議

  • Yurika Tokuzumi, Kentaro Ishikawa, Ichiro Maruta, Shuichi Adachi, Kentaro Matsui and Akio Ando : Multidirectional simultaneous estimation of head-related transfer functions by prediction error method, 16th IFAC Symposium on System Identification, SYSID 2012, Brussels, Belgium, July 11, 2012
  • Junji Oaki Shuichi Adachi : Grey-box modeling of elastic-joint robot with harmonic drive and timing belt, 16th IFAC Symposium on System Identification, SYSID 2012, Brussels, Belgium, July 13, 2012
  • Atsushi Baba and Shuichi Adachi : State of Charge Estimation of HEV/EV Battery with Series Kalman Filter, SICE 2012, Akita, Japan, August 21, 2012
  • Atsushi Baba and Shuichi Adachi : State of Charge Estimation of Lithium-ion Battery using Kalman Filters, 2012 IEEE Multi-conference on Systems and Control (MSC 2012), Dubrovnik, Croatia, October 3, 2012

解説・依頼原稿

  • 足立修一:空の王者 慶應,体育会月報 巻頭言,慶應義塾体育会 (2012.6)

国内会議

  • 大明準治,足立修一: シリアル2リンク2慣性系の振動抑制制御, SICE 第12回制御部門大会,奈良県文化会館 (2012.3.14)
  • 徳住ゆりか,石川健太郎,丸田一郎,足立修一,松井健太郎,安藤彰男: 予測誤差法を用いた頭部伝達関数の三次元同時推定, SICE 第12回制御部門大会,奈良県文化会館 (2012.3.15)
  • 川口貴弘,丸田一郎,馬場厚志,足立修一: 電気自動車用二次電池の連続時間グレーボックスモデリング, SICE 第12回制御部門大会,奈良県文化会館 (2012.3.15)
  • 新井健太郎,丸田一郎,足立修一:力覚センサを用いた4ロータヘリコプタ QBall のシステム同定実験,SCI’12,京都テルサ(2012.5.22)
  • 式守 崇,竹下 侑,足立修一:局所線形 PLS モデルを用いた非線形モデル予測制御,SCI’12,京都テルサ(2012.5.23)
  • 嶋津隆大,西田知世,足立修一,坂本浩介,井上敏郎:消音帯域を考慮した可変摂動型周波数領域同時摂動法によるアクティブノイズコントロール実験,SCI’12,京都テルサ(2012.5.23)
  • 石川健太郎,丸田一郎,足立修一,松井健太郎,安藤彰男:予測誤差法を用いた頭部伝達関数の多方向同時推定精度の検証,応用音響研究会,東北学院大学 (2012.8.2)
  • 小野雅裕,杉本貴史,Ufuk Topcu:電力潮流の確率的制御,SICE 第41 回制御理論シンポジウム,pp.5-10,葉山町国際湘南村(2012.9.18)
  • 丸田一郎,足立修一:区分的線形モデルを用いたシステム同定法の画像処理への応用,SICE 第41 回制御理論シンポジウム,pp.169-174,葉山町国際湘南村(2012.9.19)
  • 川口貴弘,丸田一郎,馬場厚志,足立修一:連続時間システム同定による電気自動車用二次電池のモデリング,第55回自動制御連合講演会,京都大学(2012.11.17)
  • 伊藤まゆ美,初鳥洋一,清水淳也,宮下 尚,足立修一:超小型人工衛星のパラメータ推定精度向上のための姿勢外乱白色化フィルタの設計,第55回自動制御連合講演会,京都大学(2012.11.17)
  • 新井健太郎,丸田一郎,足立修一:4ロータヘリコプタ QBall の開ループシステム同定実験,第55回自動制御連合講演会,京都大学(2012.11.17)
  • 大明準治,足立修一:男性関節を持つロボットアームのグレーボックスモデリングとその振動抑制制御への応用,第55回自動制御連合講演会,京都大学(2012.11.17)
  • 伊藤大樹,足立修一:ルースカップリング型 GPS/INS 複合航法システムのための GPS 測位誤差の時系列モデリング,第55回自動制御連合講演会,京都大学(2012.11.17)

特許

  • 長村謙介,岩鼻利幸,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特開2012-057964号(2010.9.6 出願)
  • 馬場厚志,長村謙介,足立修一:パラメータ推定装置,特開2012-058089号(2010.9.9 出願)
  • 岩鼻利幸,長村謙介,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特開2012-063244号(2010.9.16 出願)
  • 馬場厚志,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特開2012-149947号(2011.1.18 出願)
  • 馬場厚志,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特開2012-149948号(2011.1.18 出願)
  • 馬場厚志,足立修一:バッテリの充電率推定装置,特開2012-149949号(2011.1.18 出願)

招待・依頼講演

  • 信州大学大学 千田・池田研究室 セミナー:約1時間でカルマンフィルタを理解したつもりになる,信州大学工学部 (2012.1.16)
  • IBM東京基礎研究所 制御セミナー:システム制御工学における「モデル」の役割,IBM東京基礎研究所(2012.3.7)
  • リコー制御セミナー 2012 Spring:ディジタル信号処理とフィルタリング,リコーテクノロジーセンター(2012.3.9)
  • 新日鐵 応用工学講座 「高度制御技術 (カルマンフィルタの基礎)」,新日鐵代々木研修センター (2012.3.14 )
  • SICE 第12回制御部門大会 特別企画 「現役エディタが語る — SICE論文集の査読と編集」,奈良県文化会館 (2012.3.15)
  • IEEE Kansai Section CSS Chapter 設立記念行事 チュートリアル講演:システム制御工学における「モデル」の役割,奈良県文化会館 (2012.3.16)
  • SICE 第3回プラントモデリング・第12回適応学習制御合同シンポジウム 基調講演I: 制御とシステム同定と物理学, 東京工業大学 大岡山キャンパス (2012.4.12)
  • トリケップスセミナー :カルマンフィルタの基礎,オームビル (2012.4.19)
  • 大須賀・足立の制御人(せいぎょびと) 「”そもそも”のすゝめ」 , 大阪大学工学部 (2012.6.15)
  • SICEセミナー「制御のためのシステム同定」, システム同定の基礎 ,東京工業大学 大岡山キャンパス (2012.6.21)
  • リコー制御セミナー 2012 Autumn:物理と制御と情報,リコーテクノロジーセンター(2012.11.09)
  • 日産技術講座 基礎技術教育II : 高校数学でわかるシステム制御工学~ 制御理論の基礎から最先端の応用まで~,愛甲石田 (2012.11.12)
  • 京都大学杉江研セミナー:カルマンフィルタの基礎,京都大学宇治キャンパス (2012.11.30)

修士論文

  • 木下俊弘 : ロケット用低コスト航法装置のためのMEMSセンサ誤差モデルのパラメータ推定
  • 式守 崇 : 局所線形PLSモデルを用いた非線形モデル予測制御系の設計
  • 嶋津隆大 : 消音帯域を考慮した可変摂動型周波数領域同時摂動法によるANCシステムの設計
  • 等々力圭史 : カーネル正準相関分析に基づくサポートベクター回帰による非線形システム同定
  • 向井文哉 : モンテカルロ変分ベイズ法を用いたハイパーパラメータの推定法
  • 徳住ゆりか : 予測誤差法を用いた頭部伝達関数の3次元同時推定

卒業論文

  • 新井健太郎:力覚センサを用いた4ロータヘリコプタ QBall のシステム同定実験
  • 竹下 侑:モデル予測制御を用いた複写機トナー補給系の制御
  • 西田知世:H∞制御理論を用いたフィードバックアクティブノイズコントローラの設計
  • 橋本和宗:グラフィカルモデリングによるスイッチング線形動的システムにおける推論法
  • 余 正希:スパース性を考慮した電力ネットワークのモデル低次元化

学会活動

  • IFAC A member of the IFAC Technical Committee in Modeling, Identification and Signal Processing (TC1.1.)
  • 計測自動制御学会
    • 代議員
    • 計測自動制御学会論文集 エディタ(制御分野)
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • 制御部門 プラントモデリング部会 委員
  • システム制御情報学会
    • 評議員
  • NOC chair of IFAC MMM 2012

受賞

2011

論文

  • Kensuke Osamura, Sinya Kobayashi, Masaharu Nagano, Mitsuo Hirata, and Shuichi Adachi : Two-degree-of-freedom model matching control of shift-by-wire system with emergency mechanical link , Electrical Engineering in Japan, Vol.174, Issue 3, pp. 45-52 (Feb. 2011), Translated from Denki Gakkai Ronbunshi, Vol.128-D, No.11, pp.1262-1268 (2008)
  • Mitsuo Hirata, Sakae Noguchi, and Shuichi Adachi : Identification of a Mechanical Hybrid System Switched by the Absolute Value of Velocity or Displacement, Electronics and Communications in Japan, Vol. 94, No. 8, pp. 65 – 72 (2011), Translated from Denki Gakkai Ronbunshi, Vol. 128-C, No. 5, pp. 781–787 (2008)
  • 竹中裕司,足立修一:最小二乗法による多入力システム同定のための同定入力の生成法,計測自動制御学会論文集,Vol.47, No.6, pp.291 – 293 (2011.6)

国際会議

  • Takehito Azuma, Mayumi Ito, Noriko Takahashi and Shuichi Adachi : A least-squares method for periodic signals of cell cycle to estimate protein networks, Proceedings of 2011 8th Asian Control Conference (ASCC2011), pp.482 – 487, Kaohsiung, Taiwan (2011.5.16)
  • Takashi Shikimori, Hideo Muroi, and Shuichi Adachi : A nonlinear system identification method based on local linear PLS method, The 13th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control (ISC 2011), pp.41 – 47, Cambridge, UK (2011.7.11)
  • Mayumi Ito, Noriko Takahashi, Takehito Azuma, and Shuichi Adachi : Estimation of protein networks based on least-squares method for pseudo periodic signals, The 13th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control (ISC 2011), pp.48 – 54, Cambridge, UK (2011.7.11)
  • Ichiro Maruta, Toshiharu Sugie and Tae-Hyoung Kim : Identification of multiple mode models via distributed particle swarm optimization, 18th IFAC World Congress, Milano, Italy (2011.8.31)
  • Junji Oaki and Shuichi Adachi : Decoupling identification method of serial two-link two-inertia system for robot motion control, 18th IFAC World Congress, Milano, Italy (2011.9.2)
  • Takehito Azuma, Mayumi Ito and Shuichi Adachi : An approach to estimating protein networks of cell cycle based on least-squares methods for periodic signals, The 5th International Conference on Sensing Technology (ICST2011), pp.484-489, Palmerston North, New Zealand (2011.11)

解説・依頼原稿

  • 足立修一: ブラックボックスの研究 ~メカ設計における制御工学の役割 ~,連載 次世代メカ設計者への道筋,機械設計,日刊工業新聞社, Vol.55, No.2, pp.58 – 61 (2011.1.10)
  • 足立修一:プラントモデリングにおけるシステム同定の役割 (計測と制御,Vol.49, No.7)の韓国語翻訳版,自動化技術 (Automation Systems),尖端社,Vol.27, No.1, pp. 57-62 (2011.1)
  • 板橋欣之介,寺西 望,足立修一:システム同定法を用いた電池のモデリ ング法の開発, Calsonic Kansei Technical Review Vol.7 2010, pp.20-24 (2011.2)
  • 足立修一:制御分野の部会,研究会,委員会の活動,計測自動制御学会50年史,計測と制御,Vol.50, No.8/9, pp.711-719 (2011.9)

国内会議

  • 池 康宏,嶋津隆大,足立修一,坂本浩介,井上敏郎:消音帯域を考慮した 周波数領域摂動法によるアクティブノイズコントロールシステムの設計, 日本音響学会2011年春季研究発表会,早稲田大学 (2011.3.10)
  • 竹中裕司,徳住ゆりか,足立修一,松井健太郎,安藤彰男: システム同定理論を用いた頭部伝達関数の多方向同時推定, 日本音響学会2011年春季研究発表会,早稲田大学 (2011.3.11)
  • 大明準治,足立修一:非干渉化同定法に基づく垂直多関節ロボットのグレーボックスモデリング,SICE 第11回制御部門大会,琉球大学 (2011.3.16)
  • 馬場厚志,板橋欣之介,寺西 望,川口貴弘,福永しおり,足立修一: カルマンフィルタを用いたHEV/EV向け電池の内部状態推定,SICE 第11回制御部門大会,琉球大学 (2011.3.16)
  • 高橋知子,東 剛人,足立修一: 疑似周期信号に対する最小二乗法を用いた細胞周期のタンパク質ネットワークの推定, SICE 第11回制御部門大会,琉球大学 (2011.3.18)
  • 伊藤まゆ美,高橋知子,東 剛人,足立修一:Cdh1とCdc20タンパク質の結合を考慮した9次元細胞周期システムのロバストネス解析, SICE 第11回制御部門大会,琉球大学 (2011.3.18)
  • 城殿敦嗣,東條芳明,等々力圭史,足立修一:放射状量子化に基づく Just-In-Time 法による非線形システムのモデリング,pp.573-574, SCI’11,大阪大学 (2011.5.19)
  • 徳住ゆりか,竹中裕司,足立修一,松井健太郎,安藤彰男:予測誤差法による頭部伝達関数の多方向同時推定,日本音響学会聴覚研究会資料,Vol.41, No.6, H-2011-78, pp.431 – 436電子情報通信学会 技術報告,EA2011-59,東北大学 電気通信研究所(2011.8.10)
  • 伊藤まゆ美,東 剛人,足立修一:セルサイクルにおけるCdc20の結合を考慮した タンパク質ネットワークのロバストネス解析,SICE 第40回制御理論シンポジウム,pp.9-14,ホテルコスモスクエア国際交流センター (2011.9.26)
  • 大明準治,足立修一:弾性関節を持つ垂直多関節ロボットのためのシリアル 2リンク3慣性系の同定,SICE 第40回制御理論シンポジウム,pp.51-56,ホテルコスモスクエア国際交流センター (2011.9.26)
  • 丸田一郎,杉江俊治:最適なデータ圧縮に基づく PWA モデルの構築 SICE 第40回制御理論シンポジウム,pp.149-152,ホテルコスモスクエア国際交流センター (2011.9.27)
  • 石川健太郎,丸田一郎,足立修一: L1最適化を用いた循環構造を有するシステムのモデリング, 第54回自動制御連合講演会,豊橋技術科学大学 (2011.11.19) ← 第54回自動制御連合講演会 優秀発表賞 受賞
  • 嶋津隆大,池 康宏,足立修一,坂本浩介,井上敏郎: 消音帯域を考慮した可変摂動型周波数領域同時摂動法による ANC システムの設計, 第54回自動制御連合講演会,豊橋技術科学大学 (2011.11.19)
  • 伊藤大樹,木下俊弘,足立修一,瀬川泰伸: 複合航法システムのためのGPS誤差モデルに関する一考察, 第54回自動制御連合講演会,豊橋技術科学大学 (2011.11.20)
  • 木下俊弘,伊藤大樹,足立修一,瀬川泰伸: MEMS センサを用いたロケット用低コスト航法装置の誤差に関する一考察, 第54回自動制御連合講演会,豊橋技術科学大学 (2011.11.20)

招待・依頼講演

  • リアライズ理工センターセミナー : カルマンフィルタ入門 - 基礎から 応用の勘所まで -, 池坊お茶の水学院 (2011.2.25)
  • リコー制御セミナー2011 Spring : 制御における「モデル」の重要性,リコーテクノロジーセンター (2011.3.4)
  • HONDA 制御セミナー 2011 Spring : システム制御工学の基礎 ~モデリングから制御系設計まで~,本田技術研究所(栃木) (2011.3.8)
  • トリケップスセミナー : システム同定とカルマンフィルタ入門,オームビル (2011.6.29)
  • 日産技術講座 基礎技術教育II : 高校数学でわかるシステム制御工学~ 制御理論の基礎から最先端の応用まで~,ニッサンテクニカルセンタ- (2011.7.4, 10.24)
  • 北海道大学 システム情報コース・4年次第1学期[選択科目] システム情報工学特別講義I(集中講義),北海道大学非常勤講師 (2011.7.25~27) 【詳細】
  • 精密工学会 超精密位置決め専門委員会定例会:プラントモデリングにおけるシステム同定の役割,東京理科大学 森戸記念館 (2011.9.16) 【詳細】
  • RSOセミナー:制御工学入門,日本ビル (2011.9.29)
  • リコー制御セミナー2011 Autumn : モデル予測制御の基礎と応用例,リコーテクノロジーセンター (2011.10.6)
  • 日本機械学会 交通・物流部門 講習会 「とことんわかる自動車のモデリングと制御2011」: 自動車のモデルベースト制御,日本機械学会会議室(信濃町) (2011.11.17) 【詳細】
  • 第54回自動制御連合講演会 IFAC 2011 にみる制御理論・制御技術の新動向と日本の取り組み: モデリングとシステム同定の話題,豊橋技術科学大学 (2011.11.20) 【詳細】
  • 新日鐵セミナー : カルマンフィルタの考え方,新日鐵 技術開発本部(富津) (2011.11.21) 【詳細】
  • トリケップスセミナー :カルマンフィルタの基礎,オームビル (2011.11.22)
  • 大阪大学 大須賀・石川研究室 ダイナミクスと制御研究会 :1時間半でカルマンフィルタを理解したつもりになる,大阪大学工学部 (2011.12.02) 【詳細】

修士論文

  • 池 康宏:消音帯域を考慮した周波数領域摂動法によるアクティブノイズコントロールシステムの設計
  • 城殿敦嗣:放射状量子化に基づく Just-In-Time 法による非線形システムのモデリングと制御
  • 高橋知子:システム同定理論を用いた酵母のタンパク質ネットワークの推定
  • 竹中裕司:システム同定理論を用いた頭部伝達関数の多方向同時推定
  • 福永しおり:等価回路を用いたリチウムイオン2次電池の状態推定

卒業論文

  • 石川健太郎:Compressive Sampling を用いたシステム同定に関する基礎研究
  • 伊藤大樹:ロケット航法装置のための GPS 誤差モデルの構築
  • 伊藤まゆ美:周期感度に基づく細胞システムのロバストネス解析
  • 大森雄介:スパース性に着目した学習理論に関する基礎研究
  • 川口貴弘:センサフュージョンを用いたリチウムイオン二次電池の状態推定
  • 東條芳明:モデル予測制御を用いた四輪車の車線追従制御系の設計

学会活動

  • IFAC A member of the IFAC Technical Committee in Modeling, Identification and Signal Processing (TC1.1.)
  • 計測自動制御学会
    • 評議員
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • 制御部門 プラントモデリング部会 委員
    • SICE 技術史委員会委員
  • システム制御情報学会
    • 評議員
  • Member of International Program Committee of ASCC 2011

受賞

2010

著書

論文

  • Mitsuo Hirata, Yohei Hashimoto, Sakae Noguchi and Shuichi Adachi : A hybrid modeling method for mechanical systems, Mechatronics, Vo.20,  Issue 1, pp. 59 – 66 (Feburary 2010)
  • 藤井奨,裏山晃史,加嶋健司,井村順一,黒川哲明,足立修一: 鋼材加熱炉の装入スケジューリングと燃焼制御の同時最適化,鉄と鋼, Vol. 96, No. 7, pp.434-442 (2010.7)
  • 岩垂光宏,上野将樹,服部泰治,足立修一:ディーゼルエンジン吸気システム のモデリングと モデル予測制御による制御系設計,計測自動制御学会論文集,Vol.46, No.8, pp.456 – 462 (2010.8)
  • 東 剛人, 高橋知子,足立修一:最小二乗法に基づくタンパク質ネットワークの推定とロバストネス解析,計測自動制御学会論文集,Vol.46, No.11, pp.723-729 (2010.11)

国際会議

  • Takehito Azuma, Masachika Kurata, Noriko Takahashi and Shuichi Adachi : An Approach to Estimation of Protein Networks for Cell Cycle based on Least-Square Method, The 4th International Conference on Sensing Technology (ICST2010), Lecce, Italy (2010.6.3 – 5)
  • Noriko Takahashi, Takehito Azuma, and Shuichi Adachi : Estimation of Protein Networks for Cell Cycle in Yeast Based on Least Squares Method Using Periodic Signals, The 19th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems (MTNS 2010), pp.455-461, Budapest, Hungary (2010.7.5 )
  • Tatsuro Baba, Fumiya Mukai, Shuichi Adachi, and Naohisa Kamiyama : An application of system identification theory to the ultrasound Doppler image processing system, SICE 2010 Annual Conference, pp. 3190 – 3193, Taipei, Taiwan (2010.8.21)
  • Atsushi Kidono and Shuichi Adachi : Radial quantization method for Just-In-Time approach, SICE 2010 Annual Conference, pp. 3209 – 3212, Taipei, Taiwan (2010.8.21)
  • Takehito Azuma, Masachika Kurata, Noriko Takahashi and Shuichi Adachi : Estimation and robustness analysis of protein networks for six-dimensional cell cycle systems, 2010 IEEE Multi-Conference on Systems and Control (MSC 2010), pp.512 – 517, Yokohama, Japan (2010.9.8)
  • Susumu Fujii, Koji Urayama, Kenji Kashima, Jun-ichi Imura, Tetsuaki Kurokawa, and Shuichi Adachi : Machine-based modeling of conveyor-type flowshops with application to scheduling and temperature control in slab reheating furnace, 2010 IEEE Multi-Conference on Systems and Control (MSC 2010), pp.2059 – 2064, Yokohama, Japan (2010.9.10)

解説・依頼原稿

  • 足立修一:プラントモデリングにおけるシステム同定の役割,計測と制御 特集 プラントモデリングの新展開 — 効率的な制御対象モデリングと制御シ ステムの開発を目指して–, Vol.49, No.7, pp.433 – 438 (2010.7)

国内会議

  • 東 剛人,倉田真考,高橋知子,足立修一:6次元セルサイクルシステムに対する タンパク質ネットワーク,SICE 第10回制御部門大会,熊本大学 (2010.3.16)
  • 室井秀夫,足立修一:局所線形PLS法による非線形システム同定法, SICE 第10回制御部門大会,熊本大学 (2010.3.18)
  • 大明準治,足立修一:ロボット運動制御のための2リンク2慣性系の非干 渉化同定法, SICE 第10回制御部門大会,熊本大学 (2010.3.18)
  • 板橋欣之介,寺西 望,長村謙介,足立修一: システム同定法を用いた電池等価回路モデル作成方法の開発, 3C22,電気化学会第77回大会, 富山大学五福キャンパス (2010.3.31)
  • 寺西 望,板橋欣之介,長村謙介,足立修一: 等価回路モデルを用いたリチウムイオン電池の劣化評価, 3C23,電気化学会第77回大会, 富山大学五福キャンパス (2010.3.31)
  • 平尾朋子,式守 崇,足立修一:分散不均一性を考慮した部分空間法による 時系列データからの共振周波数推定, SCI’10,京都 (2010.5.20)
  • 大室 篤,城殿敦嗣 ,足立修一:MCMC法によるDDアームの基底パラメータ のベイズ推定, SCI’10,京都 (2010.5.21)
  • 東 剛人,倉田真考,高橋知子,足立修一: 周期信号に対する最小二乗推定の性質とタンパク質ネットワーク推定への応用, 電気学会C部門大会,熊本大学 (2010.9.3)
  • 式守 崇,足立修一:移動ホライズン推定を用いた部分空間法による異常検出法, SICE第39回制御理論シンポジウム,pp.331 – 336,大阪 (2010.9.29)
  • 大明 準治,足立 修一:シリアル2リンク2慣性系の非干渉化同定法 -非線形干渉トルク計算に用いる慣性パラメータの同時推定-, SICE第39回制御理論シンポジウム,pp.337 – 340,大阪 (2010.9.29)
  • 竹中裕司,足立修一,松井健太郎,安藤彰男:部分空間法による頭部伝達関数の推定,竹中裕司,足立修一,松井健太郎,安藤彰男:部分空間法による頭部伝達関数の推定,
  • 大甲真嗣,等々力圭史,足立修一:ソフト不感損失関数を用いた サポートベクター回帰による非線形システム同定法, 第53回自動制御連合講演会,pp.561-562,高知 (2010.11.4)
  • 福永しおり,川口貴弘,足立修一,板橋欣之介,岩鼻利幸,寺西 望: 等価回路を用いたリチウムイオン2次電池のパラメータ推定, 第53回自動制御連合講演会,pp.577-580,高知 (2010.11.4)
  • 高橋知子,東 剛人,足立修一: 周期信号に対する最小二乗法に基づく細胞周期のタンパク質ネットワークの推定, SI2010併設ワークショップ 「システム・情報・制御におけるライフサイエンス研究」,pp.19-24, キャンパスプラザ京都 (2010.11.26)
  • 向井文哉,足立修一,馬場達朗,橋本新一,神山直久:超音波ドプラ欠落補間 へのシステム同定理論の応用(第2報)- 左室流入血流への応用 -,第11回 SICE SI 部門講演会 (SI2010) ,pp.2133-2134,東北大学 (2010.12.25)

招待・依頼講演

  • 宇都宮大学平田研究室 アドバンスト制御理論セミナー:カルマンフィルタの基礎, 宇都宮大学 (2010.2.10) 【詳細】
  • 三菱電機セミナー:事例と実習で学ぶメカトロニクス,三菱電機 人材開発センター (2010.3.4,5)
  • 新日鐵 応用工学講座「高度制御技術(統計的学習理論とシステム同定)」,新日鐵代々木研修センター (2010.3.10 )
  • リコー制御セミナー2010:むだ時間系入門(2010.3.26),カルマンフィルタ入門(2010.10.7),リコーテクノロジーセンター 【詳細】
  • トリケップスセミナー 「古くて新しいカルマンフィルタ」,オームビル (2010.4.22~23)
  • SCI’10 特別企画,システム同定理論の基礎から最新の動向まで,京都リサーチパーク (2010.5.21)【詳細】
  • SICEセミナー「制御のためのシステム同定」,常翔学園大阪センター (2010.5.26,27) 【案内】 【詳細】
  • 日産技術講座 制御理論・技術入門 : 高校数学でわかるシステム制御工 学~ 制御理論の基礎から最先端の応用まで ~,エスポワール東成瀬 (2010.6.21, 2010.10.25)
  • 日本計算工学会通常総会シンポジウム 基調講演3 「システムのモデリング」, 日本青年館ホテル(2010.6.23) 【詳細】
  • 芝浦工業大学 特別講義 : システム同定の基礎とその応用事例, 芝浦工業大学 大宮キャンパス (2010.6.28) 【詳細】
  • ロボット学会 第58回シンポジウム「ロボットに使える先端制御 ~未来を 予測してエレガントに~」:モデル予測制御, 東工大 大岡山キャンパス (2010.7.21) 【詳細】
  • 北海道大学 システム情報コース・4年次第1学期[選択科目] システム情報 工学特別講義I(集中講義),北海道大学非常勤講師 (2010.7.26 – 28) 【詳細】
  • モデルベースト制御の最近の進展,山武(藤沢) (2010.8.3)【詳細】
  • 東芝メディカルシステムズ 技術講演会 「モデリングにおけるシステム同定の役割」,大田原 (2010.9.3) 【詳細】
  • 第3回横幹連合総合シンポジウム「制御工学における システム同定の現状と展望」,pp.33 – 38,早稲田大学 (2010.9.6)【詳細】
  • SICE 中国支部 計測制御シンポジウム 2010 モデルの構築と活用 「プラントモデリングにおけるシステム同定の役割」 (広島YMCAホール) (2010.9.24)【詳細】
  • 第39回制御理論シンポジウム 制御理論部会特別企画 「制御理論研究のさらなる発展のために ~SICE学会でのお仕事~ (制御部門長として)」,ホテルコスモスクエア国際交流センター,大阪 (2010.9.27)【詳細】
  • 第4回 System Simulation Symposium 「システム同定によるダイナミック システムのモデリング」, 東京・日本橋 (2010.10.6) 【詳細】
  • DoE カンファレンス 2010 「システム同定の最近の進展」,秋葉原 富士ソフトアキバホール (2010.11.15) 【詳細】
  • 宇都宮大学 東研究室セミナー : 現代制御からモデル予測制御へ, 宇都宮大学 (2010.11.22) 【詳細】

博士論文

  • 大明準治:ロボット運動制御のための2リンク2慣性系の非干渉化同定法

修士論文

  • 大室 篤:DDアームのベイジアンモデリングと視覚センサを用いた制御
  • 河原井瑛子:非線形フィルタによる慣性飛行中のロケット軌道推定
  • 大甲真嗣:学習理論に基づく非線形システムの同定法
  • 平尾朋子:分散不均一性を考慮した部分空間同定法による時系列データからの共振周波数推定
  • 室井秀夫:RLS-PLS法による非線形システム同定法とその複写機のトナー補給系への適用

卒業論文

  • 木下俊弘:MEMS 型 IMU を用いたロケット用航法装置の予備実験
  • 式守 崇:適応 COV-SSI 法に基づく時系列データからの異常検出法
  • 嶋津隆大:Filtered-x LMS 法を用いたアクティブノイズコントロールシステ ムの同定・制御実験
  • 等々力圭史:四輪倒立振子ロボットの閉ループシステム同定
  • 高岸 舞:小型 DC モータ実験装置のモデリングと PID 制御系設計
  • 向井文哉:システム同定理論を用いた超音波ドプラ診断装置のスペクトル欠落処理

学会活動

  • IFAC A member of the IFAC Technical Committee in Modeling, Identification and Signal Processing (TC1.1.)
  • 計測自動制御学会
    • 評議員
    • 制御部門 部門長
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • 制御部門 プラントモデリング部会 委員
    • SICE技術史委員会委員
  • システム制御情報学会
    • 評議員
  • 国際会議委員
    • Member of International Scientific Committee of MOVIC 2010
    • Member of International Program Committee of MCS 2010

受賞

  • 高橋知子:SICE制御部門 研究奨励賞 「周期信号に対する 時変システム同定法に基づく酵母の細胞分裂ネッ トワークの推定」 (第9回制 御部門大会にて発表) (2010.3.17)【詳細】
  • 向井文哉,大甲真嗣,足立修一,馬場達朗,神山直久: 超音波ドプラ欠落補間へのシステム同定理論 の応用, SICE SI2009 優秀講演 賞 (2010.3.23)【詳細】

2009

著書

  • 廣田幸嗣,足立修一,小笠原悟司,出口欣高 : 電気自動車の制御システム ~ 電池・モータ・エコ技術 ~ ,東京電機大学出版局 (2009.6.10)
  • 足立修一:システム同定の基礎,東京電機大学出版局 (2009.9.10)

論文

  • 服部泰治,足立修一 : UKFによる未知非線形アクチュエータにより駆動さ れる非線形システムの同時推定, 計測自動制御学会論文集,Vol.45, No.5, pp.286 – 288 (2009.5)
  • Seiji Hashimoto, Hiroyuki Okuda, Yasushi Okada, Shuichi Adachi, Shinji Niwa, and Mitsunobu Kajitani : An engine control systems for low-emission vehicles by generalized predictive control based on identified model, Electrical Engineering in Japan, Vol.169, No.3, pp. 47 – 55 (2009) Translated from Denki Gakkai Ronbunshi, Vol.128-D, No.3, pp. 251- 258 (2008)
  • Mitsuhiro Iwadare, Masaki Ueno and Shuichi Adachi : Multivariable Air-Path Manegement For A Clean Diesel Engine Using Model Predictive Control, SAE International Journal of Engines, Vol.2, No.1, pp.764-773 (October 2009) [ article ]
  • 大明準治,足立修一 : シリアル2リンク2慣性系の非干渉化同定 - 閉 ループ要素の導入と同定入力の振幅設定変更に対する精度評価 -,電気学会論 文誌 D, Vol.129, No.12, pp.1169 – 1177 (2009.12)

国際会議

  • Mitsuhiro Iwadare, Masaki Ueno and Shuichi Adachi : Multi-variable air-path manegement for a clean diesel engine using model predictive control, 2009 SAE World Congress, Detroit, USA (2009.4.20-23) [pdf]
  • Junji Oaki and Shuichi Adachi : Decoupling Identification for Serial Two-link Robot Arm with Elastic Joints, 15th IFAC Symposium on System Identification, pp.1417 – 1422, Saint-Malo, France (2009.7.8) [pdf]
  • Noriko Takahashi, Takehito Azuma, and Shuichi Adachi : An estimation of protein networks in yeast based on least-squares method, ICCAS-SICE2009, Fukuoka, Japan (2009.8.18) [pdf]
  • Hideo Muroi and Shuichi Adachi : Asymptotic system identification method based on particle swarm optimization, ICCAS-SICE2009, Fukuoka, Japan (2009.8.21) [pdf]
  • Tomoko Hirao and Shuichi Adachi : Resonance frequency estimation of time-series data by subspace method, ICCAS-SICE2009, Fukuoka, Japan (2009.8.21) [pdf]
  • Junji Oaki and Shuichi Adachi : Decoupling Identification with Closed-loop-controlled Elements for Two-link Arm with Elastic Joints, 9th International IFAC Symposium on Robot Control (SYROCO2009), pp.841-846, Gifu, Japan (2009.9.12) [pdf]

解説・依頼原稿

  • 上野将樹,岩垂光宏,足立修一 : クリーンディーゼルエンジンのためのモデルベース吸気マネージメント制御,HONDA Technical Review, Vol.21, No.1, pp.185 – 193 (2009)
  • 足立修一 監修,著 : 車輪型ロボット教材 e-nuvo WHEEL ~現代制御理論による倒立二輪ロボットの制御実験~ e-nuvo WHEELを用いたMATLAB演習と制御実験,㈱ ゼットエムピー (2009.7.20)

国内会議

  • 大明準治,足立修一:シリアル2リンク2慣性系の非干渉化同定 - 閉ループ要素を考慮した精度評価-,SICE 第9回制御部門大会,広島大学 (2009.3.5)[pdf]
  • 高橋知子,東 剛人,足立修一:周期信号に対する時変システム同定法に基づく酵母の細胞分裂ネットワークの推定,SICE 第9回制御部門大会,広島大学 (2009.3.6)[pdf]
  • 藤井 奨,裏山晃史,加嶋健司,井村順一,黒川哲明,足立修一:鋼材加熱炉の装入スケジューリングと燃焼制御の同時最適化,日本鉄鋼協会第157回春季講演大会,東工大 (2009.3.29)
  • 岩垂光宏,上野将樹,足立修一,服部泰治:ディーゼルエンジン吸気シス テムのモデリングと制御系設計, SC’I09,神戸 (2009.5 発表予定)
  • 竹中祐司,山本直樹,足立修一:連続時間部分空間法を用いた量子デコ ヒーレンスの推定,SC’I09,神戸 (2009.5 発表予定)
  • 大明準治,足立修一:シリアル2リンク2慣性系における非線形関節剛性 の動的推定 — 線形同定アプローチと静的検証 —,SICE 第38回制御理論シ ンポジウム,pp.247 – 250,大阪 (2009.9.15)
  • 大室 篤,城殿敦嗣 ,大明準治,足立修一 : 視覚センサを用いたDDアームによる倒立振子の制御 ,SICE第26回センシングフォーラム,pp.265 – 268,東工大(2009.9.29)
  • 瀬川泰伸,牧野 隆 ,河原井瑛子,足立修一 : ロケット用低コスト航法装置の航法アルゴリズムの一設計法, 第52回自動制御連合講演会,G6-3,大阪大学 (2009.11.22)[pdf]
  • 河原井瑛子,瀬川泰伸,牧野 隆 ,足立修一 : 正規化を用いた拡張カルマンフィルタによるロケットの軌道推定, 第52回自動制御連合講演会,G6-4,大阪大学 (2009.11.22)[pdf]
  • 東 剛人,高橋知子,足立修一:細胞分裂におけるタンパク質ネットワーク推定とロバストネス解析,計測自動制御学会 システム・情報部門大会 学術講演会2009,pp.57 – 62,東工大 すずかけ台キャンパス (2009.11.24)[pdf]
  • 向井文哉,大甲真嗣,足立修一,馬場達朗,神山直久 : 超音波ドプラ欠落補間へのシステム同定理論の応用,第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,芝浦工業大学 (2009.12.26)[pdf] ← SI2009優秀講演賞 受賞

招待・依頼講演

  • 電気学会群馬支所講演会:モデルベーストアプローチの可能性,群馬大学工学部 (2009.1.19) 【詳細】
  • 京大杉江研セミナー:IFAC2008 にみるシステム同定とモデリングの研究動向,京都大学宇治キャンパス (2009.2.27) 【詳細】
  • 日本テクノセンターセミナー:MATLABによる制御のためのシステム同定基礎講座,西新宿 (2009.3.18~19) 【詳細】
  • SICEセミナー 制御のためのシステム同定,東京大学 本郷キャンパス (2009.5.13,14) 【案内】 【詳細】
  • 名城大学市民講座:日常生活の中のシステム制御工学 (2009.5.16) 【案内】 【詳細】
  • SICE制御部門プラントモデリング部会 オープンフォーラム:プラントモ デリングにおけるシステム同定の役割, 東京工業大学百年記念館 (2009.6.1) 【案内】 【詳細】
  • 日本学術振興会 産業計測第36委員会 第391回研究会(講演会) : システム同定理論の最近の 展開とアクティブノイズコントロールへの適用例,弘済会館 (2009.6.17)【詳細】
  • 慶應義塾女子高校 「学部紹介」:理工学部への誘い(OGとして:河原井, 就職の観点から:足立) (2009.6.20)【詳細】
  • 日産技術講座 制御理論・技術入門 : 高校数学でわかるシステム制御工学~ 制御理論の基礎から最先端の応用まで ~,エスポワール東成瀬 (2009.6.23, 2009.11.4)
  • 第2回慶應義塾大学-NEC中央研究所 ワークショップ : モデルベースト制御理論の可能性,NEC玉川ルネッサンスS棟 (2009.7.15)
  • 第1回「実践!ロボット教育・研究フォーラム」 : e-nuvo WHEELを用い た制御教育,機械産業記念事業財団(テピア) (2009.7.22) 【プログラム】
  • 北海道大学システム情報コース・4年次第1学期[選択科目] システム情報工学特 別講義I(集中講義),北海道大学非常勤講師 (2009.7.27, 28) 【詳細】
  • 第46回大阪大学機械工学系技術交流会:システム同定理論の産業応用,大阪大学大学院工学研究科 機械系M4棟 M4-201会議室(2009.7.31) 【詳細】
  • SICE九州フォーラム2009 : モデル予測制御,アクロス福岡606室 (2009.8.5) 【詳細】
  • カルソニックカンセイ セミナー「相補フィルタ ~冗長なセンサ情報か らの推定~」,カルソニックカンセイ本社 (2009.9.28)
  • リコー 制御セミナー 「システム同定の最近の動向」,リコーテクノロ ジーセンター (2009.9.30)
  • SICE四国支部チュートリアルセミナー 「プラントモデリングにおけるシ ステム同定の役割」,高知工科大学 (2009.11.6) 【詳細】
  • 信州大学 千田研究室セミナー 「システム同定とカルマンフィルタの基礎」,信州大学工学部 (2009.11.9)【詳細】
  • NHK技術研究所 談話会 「制御理論とシステム同定の最近の話題」,NHK放送技術研究所 (2009.11.13) 【講演概要【詳細】
  • トリケップスセミナー 「古くて新しいカルマンフィルタ」,中央大学駿河台記念館 (2009.11.19)【詳細】

Web ジャーナル

  • 足立,廣田 : モービル・パワー・エレクトロニクス入門 「多様な専門技術を結集する全体設計-モデリング手法の活用がカギ」,Tech-On,日経BP社 【詳細】

修士論文

  • 服部泰治:ディーゼルエンジンの吸気システムのモデリングと制御系設計

卒業論文

  • 池 康宏:周波数領域におけるアクティブノイズコントロールシステムの設計
  • 城殿敦嗣:外乱オブザーバを用いたSICE DDアームによる倒立振子の制御
  • 高橋知子:酵母のセルサイクルにおけるタンパク質ネットワークの推定
  • 竹中祐司:連続時間部分空間法を用いた量子デコヒーレンスの推定
  • 福永しおり:リチウムイオン二次電池の充電状態推定

学会活動

  • IFAC A member of the IFAC Technical Committee in Modeling, Identification and Signal Processing (TC1.1.)
  • 計測自動制御学会
    • 評議員
    • 制御部門 副部門長
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • SICE技術史委員会委員
    • 制御部門 プラントモデリング部会 委員
  • システム制御情報学会
    • 評議員
  • Member of International program committee of ASCC2009

受賞

  • 高橋知子:物理情報工学科主任賞(優秀卒論賞) (2009.3.23)
  • 竹中祐司:物理情報工学科特別賞(ベストプレゼン発表者) (2009.3.23)

2008

著書

  • 足立修一(分担執筆):制振工学ハンドブック,コロナ社 (2008,5)

論文

  • 橋本誠司,奥田裕之,岡田康志,足立修一,丹羽伸二,梶谷満信:一般化予測制御に基づくエンジン制御系の二段階設計法,電気学会論文誌D, Vol.128, No.3, pp.251-258 (2008)[pdf]
  • 平田光男,野口 栄,足立修一 : 速度や変位の絶対値で切り替わるメカニカルハイブリッドシステムの同定法,電気学会論文誌C, Vol.128, No.5, pp. 781 – 787 (2008)[pdf]
  • 大明準治,足立修一 : シリアル2リンク2慣性系の非干渉化同定と物理パラメータ推定,電気学会論文誌D, Vol.128, No.5, pp.669 – 677 (2008)[pdf]
  • 長村謙介,小林真也,永野雅春,平田光男,足立修一:非常用メカリンク付シフトバイワイヤの2自由度モデルマッチング制御,電気学会論文誌D, Vol.128-D, No.11, pp.1262-1268 (2008)[pdf]

国際会議

  • M. Hirata, S.Noguchi and S.Adachi : A hybrid modeling method for precise positioning systems, pp.1797 – 1802, 17th IFAC World Congress, Seoul, Korea (July 2008) [pdf]
  • M. Hirata, A. Setoyama, S. Adachi and H. Sakaniwa : Attitude control system design of a seated stair lift on a single rail by using two-degrees-of-freedom control, International conference on motion and vibration control (MoViC 2008), Munich (Sept. 2008) [pdf]
  • T.Azuma, H.Kato and S.Adachi : An experimental result of system identification over networks using Delta-Sigma transformation, 3rd International Conference on Sensing Technology, pp.595-599, IEEE, Tainan, Taiwan (2008) [pdf][IEEE Xplore]

解説・依頼原稿

  • 足立修一,橋本誠司:自動車パワートレイン制御におけるシステム同定への期待, 計測と制御 特集 エンジン・パワートレイン制御理論と技術の最前線,Vol.47, No.3, pp.202-205 (2008)[pdf,ドラフト版]*1′. 1の韓国語翻訳版,自動化技術(Automation Systems),尖端社 (2008.10) [pdf,ドラフト版]
  • 足立修一:周波数領域におけるシステム同定の性能評価, 計測と制御 特集 次世代プラント操業に期待される制御技術, Vol.47, No.11, pp.915-920(2008) [pdf,ドラフト版]

国内会議

  • 瀬戸山明雄,平田光男,足立修一,坂庭 浩:一本レール型いす式階段昇降機の2自由度スライディングモード制御,第8回SICE制御部門大会,京都大学 (2008.3.6)[pdf]
  • 服部泰治,足立修一:UKFによる未知非線形アクチュエータにより駆動される非線形システムの同時推定,第8回SICE制御部門大会,京都大学 (2008.3.5)[pdf]
  • 大明準治,足立修一:物理パラメータ推定に基づくシリアル2リンク2慣性系の非干渉化オブザーバ,第8回SICE制御部門大会,京都大学 (2008.3.5)[pdf]
  • 室井秀夫,足立修一:高次ARXモデル推定に基づくシステム同定法, SC’I08,京都 (2008.5.17) [pdf]
  • 平尾朋子,足立修一:システム同定理論を用いた時系列解析による共振 ピークの検出法,SC’I08,京都 (2008.5.17) [pdf]
  • 河原井瑛子,足立修一:二輪型倒立振子システムのモデリングと制御系設計,SC’I08,京都 (2008.5.18) [pdf]
  • 大明準治,足立修一:物理パラメータ推定に基づくシリアル2リンク2慣性系の外乱推定型状態オブザーバ,ROBOMEC2008,長野 (2008.6) [pdf]
  • 東 剛人,嘉藤 裕寿,足立 修一:1ビットΔΣ変換器を用いたネットワー クを介したシステム同定のための一手法,SICE 第37回制御理論シンポジウム, pp.101-104,霧島 (2008.9.17)
  • 大明 準治,足立 修一:シリアル2リンク2慣性系の非干渉化同定と物理パラメータ推定— 同定条件の緩和と精度評価,SICE 第37回制御理論シンポジウム,pp.123-128,霧島 (2008.9.17)
  • 倉田 真考,榎戸 聡,東 剛人,足立 修一:酵母のセルサイクルに関するタンパク質ネットワークの推定とロバストネス解析,SICE 第37回制御理論シンポジウム,pp.139-142,霧島 (2008.9.17)
  • 平田丈英,浅野一哉,戸村寧男,丹治雅之,足立修一:表面疵検査装置における疵種・等級の自動判別技術,日本鉄鋼協会 第156回秋季講演大会 討論会「統計モデリング技術の発展と鉄鋼プロセスへの展開」,熊本大学 (2008.9.24) [pdf]
  • 足立 修一,室井秀夫:周波数領域におけるシステム同定の性能評価,第51回自動制御連合講演会,山形大学 (2008.11.22)[pdf]
  • 橋本 洋平,平田 光男,足立 修一:変位や速度の絶対値で切り替わるメカニカルハイブリッドシステムの同定 — バネマスダンパシステムによる実験的検証,第51回自動制御連合講演会,山形大学 (2008.11.22)[pdf]
  • 足立修一:IFAC2008から見た制御工学の研究動向 — システム同定とモデリング分野 –,第51回自動制御連合講演会 OS IFACにおける研究動向と日本の取り組み,山形大学 (2008.11.23)
  • 大甲真嗣,足立修一,馬場達朗,神山直久,河崎修一:システム同定理論の超音波ドプラ血流計測への応用,第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,pp.609-610,長良川国際会議場 (2008.12.6)[pdf]← SI2008優秀講演賞 受賞

招待・依頼講演

卒業論文

  • 上間裕二:摂動法に基づくアクティブノイズコントロールシステムの設計法
  • 大室 篤:ダイレクトドライブアームを用いたビジュアルフィードバックによる倒立振子の制御
  • 河原井瑛子:二輪型倒立振子システムのモデリングと制御系設計
  • 大甲真嗣:システム同定理論の超音波ドプラ診断装置への応用
  • 平尾朋子:システム同定理論を用いた時系列解析とそのタイヤ内圧低下推定への応用
  • 室井秀夫:高次ARXモデル推定に基づくシステム同定法

学会活動

  • 計測自動制御学会
    • 評議員
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • SICE技術史委員会委員

受賞

  • 上間裕二 : 第8回物理情報工学科主任賞 (2008.3.24)
  • 佐野 昭,足立修一 : 2008年度 計測自動制御学会 学会賞 (教育貢献賞) 「SICEセミナーにおける教育貢献」 (2008.8.21)
  • 大甲真嗣,足立修一,馬場達朗,神山直久,河崎修一:システム同定理論 の超音波ドプラ血流計測への応用, SICE SI2008 優秀講演賞 (2008.12.7)

2007

著書

  • 足立修一,森 大毅:電気回路の基礎,東京電機大学出版局 (2007.2)

論文

  • 高梨宏之,足立修一:システム同定支援装置のインターフェースの開発,電気学会論 文誌D, Vol.127, No.4, pp.412-419 (2007)[pdf]
  • 平田光男,萩原 努,岡本仁史,足立修一,長村謙介,小林真也:バネ結合リ ンク付シフトレバーのH∞パワーアシスト制御,電気学会論文誌D, Vol.127, No.11, pp.1133-1140 (2007)[pdf]

解説・依頼原稿

  • 足立修一:《コラム:制御の教え方を訪ねて》 制御工学に関する私見, 計測と制御,Vol.46, No.9, p.717 (2007)[pdf、ドラフト版]
  • 足立修一,廣田幸嗣:モービル・パワー・エレクトロニクス(最終回) 多様な専門技術を結集する全体設計 モデリング手法の活用がカギ,日経エレクトロニクス,2007年12月3日号

国内会議

  • 大明準治,足立修一:シリアル2リンク2慣性系の同定と状態フィードバック制御,第7回SICE制御部門大会,電気通信大学 (2007.3.6)[pdf]
  • 高橋憲介,足立修一:バイナリセンサを用いたARXモデルの同定, 第7回SICE制御部門大会,電気通信大学 (2007.3.7)[pdf]
  • 佐野知広,平田光男,藤本茂希,足立修一:障害物回避アルゴリズム 検証用ドライバモデルのロバスト性向上,第7回SICE制御部門大会,電気通信大学 (2007.3.8)[pdf]
  • 長村謙介,小林真也,永野雅春,平田光男,足立修一:非常用メカリンク付シフトバイワイヤの2自由度モデルマッチング制御,日本機械学会関東支部 第13期講 演会,宇都宮大学 (2007.3.17)
  • 瀬戸山明雄,平田光男,足立修一,坂庭 浩:2自由度制御による一本レール型いす式階段昇降機の姿勢制御系設計,日本機械学会関東支部 第13期講演会,宇都宮大学 (2007.3.17)
  • 大明準治,足立修一:シリアル2リンク2慣性系の物理パラメータ同定, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 (秋田拠点センターALVE)(2007.5.10~ 12)
  • 高橋憲介,足立修一:バイナリデータを用いたシステム同定, SICE 第36回制御理論シンポジウム,pp.161-166,札幌 (2007.9.5)
  • 大明準治,足立修一:シリアル2リンク2慣性系の非干渉化同定と物理パラメータ推定,SICE 第36回制御理論シンポジウム,pp.177-182,札幌 (2007.9.5)

招待・依頼講演

卒業論文

  • 高橋憲介:バイナリセンサを用いたARXモデルの同定
  • 棚元 亮:倒立振子システムのモデリングとロバスト制御系設計
  • 服部泰治:非線形フィルタの設計 – UKFと粒子フィルタの比較 –

学会活動

  • 計測自動制御学会
    • 評議員
    • 制御部門 制御理論部会 主査
    • 制御部門 制御技術部会 運営委員
  • 日本鉄鋼協会
    • 評議員
    • 計測・制御・システム工学部会 顧問
  • システム制御情報学会
    • 評議員

受賞

  • 足立修一,管野政明,Jan M Maciejowski : 2007年計測自動制御学会著述賞 「モデル予測制御 -制約のもとでの最適制御」 (2007.9.19)

2006

著書

  • 機械工学便覧 デザイン編 β6 制御システム,1.4節 システム同定法,日本機械学会 (2006.4)

論文

  • 岡田康志,奥田裕之,足立修一,丹羽伸二,梶谷満信,橋本誠司:可変忘却要素を用いたオンライン同定法による自動車排気ガス用触媒のモデリングと劣化診断,電気学会論文誌D, Vol.126, No.12, pp.1637-1644 (2006)[pdf]

国際会議

  • Seiji Hashimoto, Yasushi Okada, Hiroyuki Okuda, Shuichi Adachi, Shinji Niwa, and Mitsunobu Kajitani : Modeling and deterioration diagnosis of catalyst on vehicle by variable forgetting factor-based on-line identification method, IFAC SYSID 2006, Newcastle, Australia (2006.3)
  • Hiroyuki Takanashi and Shuichi Adachi : Development of GUI for system identification device using MATLAB, IFAC SYSID 2006, Newcastle, Australia (2006.3)
  • Seiji Hashimoto, Hiroyuki Okuda, Yasushi Okada, Shuichi Adachi, Shinji Niwa and Mitsunobu Kajitani : An Engine Control Systems Design for Low Emission Vehicles by Generalized Predictive Control based on Identified Model, IEEE International Conference on Control Applications (CCA2006), Munich, Germany (2006.10.6)
  • Shigeki Goka, Seiji Hashimoto, Kiyoshi Ohishi, Takeo Ishikawa, Shuichi Adachi, Koji Kosaka, Hiroshi Kubota and Tadahiro Ohmi : Variable Forgetting Factor-Based Friction Compensation Method of Precision Stage, SICE-ICASE International Conference 2006, Busan, Korea (2006.10)

国内会議

  • 山中 浩,佐野知広,平田光男,足立修一,藤原幸広:障害物回避アルゴリズム評価用ドライバモデルの構築,電気学会 栃木支所研究発表会,宇都宮大学 (2006.2.10)
  • 芦川正啓,平田光男,足立修一,坂庭 浩:ロバスト制御理論による一本レール型いす式階段昇降機の姿勢制御系設計,日本機械学会 関東支部第12期総会講演会,東洋大学 (2006.3.10)
  • 佐野知広,山中 浩,平田光男,足立修一,藤原幸広:ハイブリッドモデリングによる障害物回避アルゴリズム検証用ドライバモデルの構築,第50回システム制御情報学会研究発表講演会,京都テルサ(2006.5.10)
  • 平田光男,野口 栄,足立修一:速度によって切り替わるメカニカルハイブリッドシステムの同定,第6回SICE制御部門大会,ウィルあいち (2006.6.1)
  • 長村謙介,小林真也,永野雅春,平田光男,足立修一,:非常用メカリンク付シフトバイワイヤの2自由度モデルマッチング制御,第6回SICE制御部門大会,ウィルあいち (2006.6.2)
  • 平田光男,荻原 努,岡本仁史,足立修一,長村謙介,小林真也:バネ結合リンク付シフトレバーのH∞パワーアシスト制御,第6回SICE制御部門大会,ウィルあいち (2006.6.2)
  • 奥田裕之,岡田康志,足立修一,橋本誠司,丹羽伸二,梶谷満信:二段階設計法に基づく一般化予測制御によるエンジン制御系の設計,第6回SICE制御部門大会,ウィルあいち (2006.6.2)
  • 平田丈英,浅野一哉,戸村寧男,丹治雅之,足立修一:表面疵検査装置における疵種,等級判別ロジックの自動作成技術,第6回SICE制御部門大会,ウィルあいち (2006.6.2)
  • 足立修一,浅野一哉:鉄鋼プロセス制御の研究開発における産学連携事例, SICE 第35回制御理論シンポジウム,大阪 (2006.9.20)
  • 嘉藤裕寿,東 剛人,足立修一:コミュニケーションネットワークを考慮した システム同定のための一手法,第49回自動制御連合講演会,神戸大学(2006.11)
  • 榎戸 聡,東 剛人,足立修一:移動ホライズン推定を用いた時変システムの同定, 第49回自動制御連合講演会,神戸大学(2006.11)

特許

  • S.Wakui, T.Mayama, S.Adachi and H.Kato : USP:7,072,777, Exposure apparatus anti-vibration apparatus, system identification apparatus and system identification method, July 4, 2006 (米国特許)

招待・依頼講演

  • オムロンセミナー 「システム同定技術のコツ」,大崎(2006.1.10)
  • SICEセミナー「制御のためのシステム同定」,大阪大学 中之島センター(2006.3.6)
  • 新日鐵 応用工学講座「高度制御技術(ディジタル制御/システム同定)」,新日鐵代々木研修センター (2006.3.15)
  • 本田技術研究所 制御中級セミナー「制御のためのシステム同定」 (2006.3.17)
  • 日本テクノセミナー「モデル予測制御の基礎」,西新宿 (2006.5.29)
  • 足立教授就任講演 (2006.6.28)
  • 信州大学工学部 アドバンスト制御セミナー 「モデル予測制御の基礎」(2006.7.12)
  • 宇都宮大学 工学部 アドバンスト制御セミナー 「モデル予測制御の基礎」 (2006.6.13, 7.18, 8.4, 8.28, 11.6)
  • 制御工学教育の実践的ノウハウ,制御工学教員研究集会,神戸大学 (2006.11.26)
  • Research on control in Department of Applied Physics and Physico-Informatics, and Activities of Adachi Laboratory,フランス リール大学(Ecole Centrale de Lille)との 研究交流会(2006.11.30)

学会活動

    • 計測自動制御学会
      • 評議員
      • 制御部門 制御理論部会 副主査
      • 制御部門 制御技術部会 運営委員
    • 日本鉄鋼協会
      • 評議員
      • 計測・制御・システム工学部会 顧問
    • システム制御情報学会
      • 評議員